「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/09/24
No image

日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

久保建英がアメリカ戦で先発、前半終了間際のドリブルに注目

森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフで行われた国際親善試合でアメリカ代表と対戦。左サイドでスタメン出場したMF久保建英(レアル・ソシエダ)が見せたポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)風のキープからの“ヌルヌル”ドリブルに驚きが広がっている。

FW前田大然(セルティック)が1トップに入り、左に久保、右にMF伊東純也(スタッド・ランス)が並んだなか、前半25分にMF鎌田大地(フランクフルト)のゴールで日本が先制。1-0とリードして迎えた前半の終了間際、久保が左サイドで魅せる。

左サイドから攻め込んだ日本は、久保が相手を背負った状態でパス受けて密着マークに遭う。無難にボールを散らすかと思われたが、久保はボールをキープしながら相手との間合いを図り、わずかに距離が生まれた瞬間、背中を向けたまま鋭くターンして一気に加速。相手を置き去りにすると、そのまま相手ゴールに向かってドリブルし、エリア内に侵入した。

最後はカバーした相手にボールを奪われたものの、久保のキープ、ターン、ドリブルと技術が凝縮されたプレーにファンも注目。久保は以前に代表合宿にて、「究極系はベルナルド・シウバ。なんで取られないかって、うしろ向いて、これでこう! これがベルナルド・シウバだから」と自らB・シルバ理論を実演し、キープの神髄を説いていた。

そんなB・シルバのプレーを体現するかのようなキープとドリブルに「ベルナルド・シルバのキープドリブルしたな」「ドリブル上手い」「ドリブルすごかった」「ヌルヌルしたドリブルとか、相手からしたら嫌よね」と賛辞が寄せられていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加