《難読漢字》「毟る」ってなんて読む...?見たことあるけど読めない漢字!4選

《難読漢字》「毟る」ってなんて読む...?見たことあるけど読めない漢字!4選

  • lamire
  • 更新日:2020/11/22

「毟る」という漢字は、なんと読むか分かりますか?日常生活の中で目にしたことはあるけど読めない!という方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、この「毟る」のように見たことがあるけど読めない人が多い漢字をご紹介しますよ♪

「普く」ってなんて読むの?

「普く」という漢字は、なんと読むか分かりますか?「普段」などにも使われている馴染みのある漢字ですが、「普く」と訓読みになると読めない方が多いのではないでしょうか。この漢字は「あまねく」と読みます。「普く」とは「ひろく」「すべてにわたって」などの意味がある言葉です。「あまねく」という言葉は知っている!という方も多いですよね。これを機に漢字も覚えちゃいましょう♡

「翳める」ってなんて読むの?

「翳める」という漢字は、なんと読むか分かりますか?この漢字も見た目が難しいですが、目にしたことがある方が多いのではないでしょうか。「翳める」というは、「かすめる」と読みますよ♪「はっきりしない状態にする」「音や形をわからないようにする」といった意味があり、「声を翳める」などというふうに使います。

「阿る」ってなんて読むの?

「阿る」という漢字は、なんと読むか分かりますか?これもよく目にするという方が多いのではないでしょうか。この漢字は「おもねる」と読みます♪おもねるは「機嫌をとってその人に気に入られようとしていること」などを意味する言葉です♡漢字は見たことがあったけど意味は知らなかった!という方が多いですよね。

「毟る」ってなんて読むの?

「毟る」という漢字は、なんと読むか分かりますか?この漢字は「むしる」と読みますよ♪意味はみなさんが想像している通り、掴んで引き抜くことです。魚などの身をほぐすことをむしるということもあります♡この言葉は会話でもよく出てきますが、漢字は意外と知られていないので知っておくといいかも♪

見たことあるけど読めない漢字、いくつあった?

今回紹介した4つのうち、読めない漢字はありましたか?どれも日常の中で目にすることが多い漢字なので、しっかりと覚えて賢くなっちゃいましょう♡

▶合わせて読みたい

あなたは読める?社会人なら知っておきたい《難読漢字》まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加