浜岡原発を襲う最大津波高を22.7mに引き上げ 南海トラフ地震で 中部電力

浜岡原発を襲う最大津波高を22.7mに引き上げ 南海トラフ地震で 中部電力

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/05/13
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

再稼働に向けて審査が続く静岡県御前崎市の浜岡原発について、中部電力は南海トラフの地震で発生する最大の津波の高さの想定をさらに引き上げ、22.7mとしたことを明らかにしました。

中部電力は去年12月に、浜岡原発の3号機と4号機の再稼働に向けた原子力規制委員会の審査会合で、想定される最大の津波の高さを防波壁を上回る22.5mと報告しました。

その後、委員からの指摘を踏まえ、すべての断層が同時に壊れ始めることを想定して解析したところ、さら20cm高い22.7mと算出されたということです。

中部電力はこの高さについて次回の審査会合で提示する方針で、「1日でも早く新基準に適合できるよう真摯に対応していきたい」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加