香川照之、大谷翔平選手にたとえて「99.9」アピールも松本潤からツッコミ

香川照之、大谷翔平選手にたとえて「99.9」アピールも松本潤からツッコミ

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/11/25
No image

巨大な“99.9”ロゴから登場した(写真左から)香川照之、松本潤、杉咲花 ※2021年ザテレビジョン撮影

11月24日、映画「99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE」の完成報告会見が都内にて開催。主演の松本潤をはじめ、香川照之、杉咲花、木村ひさし監督が登壇した。

【写真を見る】黒のセットアップにTシャツスタイルの松本潤

個性的な刑事専門弁護士たちが、“99.9%逆転不可能”と思われる刑事事件に挑む「99.9 -刑事専門弁護士-」は、2016年、2018年にドラマシリーズが放送。映画版は12月30日(木)に全国公開、前日の12月29日(水)には新作スペシャルドラマが放送予定で、松本は型破りな弁護士・深山、香川は敏腕弁護士・佐田を、ドラマシリーズから引き続き演じている。

杉咲花に松本潤が賛辞「この人はすごい」

今回から新米弁護士・穂乃果役で参戦し、元々「99.9」のファンだったという杉咲。加えてヒロイン役で緊張していたというが、「クランクインの日、皆さんがすごく優しく迎え入れてくださって、クランクアップの日は寂しくなりました」と撮影を振り返る。続けて「木村監督が本番直前に来て、コソコソッと新しい動きを伝えてくださって、静かに去っていく。その新たに足されたものがすごく面白いんですが、平然と言わなきゃいけないので、心の準備ができない焦りがありました」と苦労を明かした。

しかし、そんな杉咲を間近で見ていた松本は「役をつかむスピードや、振り切ったお芝居を見て『この人はすごいな』と思った」「あっという間につかんで、あっという間に馴染んでいました」と、初参戦ながらすぐにチームに溶け込んだ杉咲へ賛辞を贈った。

さらに香川も、杉咲演じる穂乃果というキャラクターの個性的な“仕上がり”を「今まで調味料を大さじ1入れるところ、3入れる勢い。『できません』とおっしゃってもいいのに、フルパワーでできちゃうんですね」と称賛。杉咲がヒロインを務めていた連続テレビ小説「おちょやん」がクランクアップして1週間も経たないうちに「99.9」の撮影が始まったといい、「僕だったら怒ります。それくらい対極に振るやり方だった」と語っていた。

なお本作の出来栄えを聞かれた香川は「映画もさることながら、SPドラマも非常にいい出来。たとえばイチロー選手や大谷翔平選手がメジャーリーグで目覚ましい活躍をしていますが、彼らはその前に日本のプロ野球ですごい活躍をしているわけですよ。その活躍なくして“メジャーリーグだけ”はおさえられないはずなんです! それと同じような関係でSPドラマを見てほしい!」と熱弁。これには松本も「そうなんですか? そんなに仰々しいんですか?(笑)」と笑い、現在の大谷選手だけ見ていてはダメだと主張する香川に「そんなに無理やり大谷選手と一緒にしなくてもいいんじゃ…(笑)」と笑顔でツッコミを入れていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加