【10月15日のおかえりモネ】第110話 亮の無事を皆喜ぶが...すれ違う未知と亮を見て百音は

【10月15日のおかえりモネ】第110話 亮の無事を皆喜ぶが...すれ違う未知と亮を見て百音は

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/14
No image

亮の無事に安堵する百音(清原果耶)だが…

清原果耶が主演のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。10月15日は第110話が放送される。未知が亮と話したいこととは、そして百音にできることは…。

未明に、亮(永瀬廉)の乗る船から無事の知らせが漁協に入った。漁協組合長・滋郎(菅原大吉)から連絡を受けた百音(清原果耶)や妹の未知(蒔田彩珠)たちは安堵する。百音の父・耕治(内野聖陽)は、亮の父・新次(浅野忠信)と電話で亮の無事を喜ぶ。船が港に戻り、百音は亮を迎えに行くよう未知の背中を押す。そしてふたりは話し合うが、すれ違ったままの状態が続く。その様子を見た百音は…。

朝ドラ104作目の「おかえりモネ」は、海の町・宮城県気仙沼に生まれ育ち、森の町・登米で青春を送るヒロインが、気象予報という天気ととことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな未来を届けていく希望の物語。現代を生きるヒロイン・百音を演じるのは、朝ドラ「あさが来た」でデビューし「透明なゆりかご」でドラマ初主演を果たした清原果耶。その卓越した演技力に注目が集まる。語りは百音の祖母役の竹下景子が担当する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加