ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

  • カラパイア
  • 更新日:2021/05/03
No image

pixabay

世界屈指の富裕国家と言われたスイスは、近年貧困率が上昇している。かつて目にすることのなかったホームレスの人々の姿が、路上に頻繁に見られるようになったのは、2008年の世界金融危機以降だという。

現在、スイスの北西部に位置する都市で、路上のホームレスを減らす政策プログラムが実施されている。ヨーロッパの他の都市への片道切符を彼らに無料で提供し、スイスから出て行くことを契約させるというものだ。

【他の記事を見る】やはりギリシャもランクイン。ホームレスの多い世界の都市トップ15

ホームレスに無料で片道切符を提供、国外に出て行ってもらう

スイス北西部、ライン川沿いに位置するバーゼル市は、人口が17万人強と国内で3番目に大きな都市だ。

芸術的風景や歴史的建造物、賑やかな市場があることで知られるこの街は、近年ヨーロッパ各地からやってきたホームレスたちが急増していることが問題となっている。

そこで同市の入国管理局はこのほど市内からホームレスの人々を減らすためのプログラムを実施中だ。

地元メディア『20 Minutes』が伝えたところによると、ホームレスの人は誰でも、一定期間スイスに戻って来ないことを約束すると書面に署名すれば、他のヨーロッパの国に行く片道鉄道切符を無料でもらえるというシステムが導入されているという。

No image

pixabay

バーゼル司法省スポークスマンのトプラク・イェルグ氏は、このように述べている。

これまで、ベルギーから来たホームレス7人、ドイツから7人、イタリアから2人、ルーマニアから14人を含む計31人が、無料片道切符の提供を受け入れました。

しかし、片道切符を提供されたにもかかわらず、契約に違反しているホームレスを発見した場合、彼らは国外追放される危険があります。

一部からはこの政策プログラムに非難の声

ホームレス削減を目的として、当局がこのような政策プログラムを実施するというのは、スイスに限ったことではないようだ。

英メディア『Guardian』によると、2018年の調査では英国評議会は過去4年にわたり、スイスと同様の政策プログラムを実施していたことが明らかになっている。

2015年以降、イングランドとウェールズの83の評議会では、バスや鉄道、飛行機を含む6810枚の片道切符がホームレスの人々に提供されたという。

これは、「ホームレスの人たちが、家族やサポートネットワークのある地域に自発的に戻ることを奨励する」という目的で実施され、当時の地方自治体は「この提供は自主的にホームレスたちに受け入れられた」と主張していた。

ところが、プログラムの対象となった人たちの中には、「今までに行ったことのない場所への片道切符を提供され、選択の余地を与えられないように感じた」と述べている。

No image

pixabay

こうした政策プログラムは、“ストリート・クレンジング(街の清掃)”と称されており、一部の市民からは「行き場のないホームレスたちの管理責任を放棄している」といった非難の声が上がっている。

References:Swiss City Offers Homeless People One Way Ticket To Anywhere Else In Europe To Clean Up Town - UNILAD/Bale - Un cheque de voyage pour faire filer les mendiants - 20 minuteswritten by Scarlet / edited by parumo

・あわせて読みたい→ニューヨーク市の公立学校の学生の約10人に1人がホームレスであることが判明(アメリカ)

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加