引退の大島前衆院議長「寂しさの一抹を感じた」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/10/14

衆院が解散したことを受け、大島理森前議長と赤松広隆前副議長が14日、国会内で記者会見した。大島、赤松両氏とも今期限りでの引退を表明しており、大島氏は解散詔書を読み上げた際の心情について「読み終えて(議長席から)降りたときに、寂しさの一抹を感じた」と述べた。

大島氏は「新型コロナウイルス禍で国民の声を聴く、伝えることの重要性を強く感じた」と強調。衆参両院いずれかの総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は臨時国会の「召集を決定しなければならない」と定めている憲法53条などについての議論が各党・各会派で行われることを求めた。

赤松氏は「ぜひ次の時代に向かって、新たな国会のあり方、望まれるべき国会の姿が実現していただけるように期待したい」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加