サンド伊達、後輩・お見送り芸人しんいち命名のいきさつ語る「新大阪駅に必ずいた」

サンド伊達、後輩・お見送り芸人しんいち命名のいきさつ語る「新大阪駅に必ずいた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/26
No image

サンドウィッチマン・伊達みきお

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが25日、フジテレビ系「ポップUP!」に出演。お笑い芸人・お見送りしんいちの芸名の名付け親となったいきさつを明かした。

平成ノブシコブシの吉村崇が、所属事務所の後輩・しんいちの名前について「この名前の名付け親って、サンドさん?」と尋ねると、伊達は「名付け親っていうかね。大阪の仕事行くと、新大阪駅に必ずランナーの格好したしんいちがいたの。『お疲れ様でした』って。全然知らないんだよ」と、最初の出会いを明かした。

しんいちは当時、松竹芸能に所属しており、面識は全く無かったそうで、不思議に思い尋ねると、「『ボク、いろんな人お見送りしているんです』って」と答えが返ってきたという。「『お前、本当にお見送り芸人だな』っていうところから名前が付いた。別に命名したわけじゃなくて、勝手に言い出したんですよ。お見送り芸人ですって」と名前の由来について説明した。

伊達は「(松竹芸能を)辞めて、ウチに入ってきた。大しておもしろくないよ、アレ」と今年のR-1グランプリの覇者をバッサリと切り捨てたが、相方の富澤たけしは「チャンピオンだよ」と後輩をフォローしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加