西武松本5勝目、オリックス1位宮城がプロ初黒星

西武松本5勝目、オリックス1位宮城がプロ初黒星

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

西武対オリックス 力投する西武先発の松本(撮影・浅見桂子)

<西武3-2オリックス>◇18日◇メットライフドーム

西武が2回に先制。オリックスのドラフト1位宮城を攻め、2死満塁から金子、源田の連続適時打で3点を挙げた。

オリックスは5回、福田が適時打。宮城は6回5安打3失点で交代、プロ初勝利はならなかった。西武松本は6回1失点で降板。

西武は7回から森脇-平良-増田とつないで勝利。松本が5勝目を挙げた。増田が28セーブ目。オリックス宮城がプロ初黒星を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加