大谷翔平「まだ余力あった」続投志願し今季最長8回108球「初回に失点しなかったのが一番」

大谷翔平「まだ余力あった」続投志願し今季最長8回108球「初回に失点しなかったのが一番」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/06/23
No image

エンゼルス対ロイヤルズ 力投するエンゼルス大谷(撮影・前田充)

<エンゼルス5-0ロイヤルズ>◇22日(日本時間23日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(27)が「2番DH兼投手」で出場し、メジャー自己最多となる13奪三振で今季6勝目を挙げた。

1回に先頭から連続安打を浴びたが、その後は無安打を継続。6回1死まで15者連続アウトでリズムよく投球し、三振を重ねた。

「初回に失点しなかったのが一番かなと思う。そこで失点してしまったら攻撃の面でも良くない流れになるので、そこで粘れたのは良かったですし、長く投げたいとは思ってましたけど、あんまり先のことは考えずに投げてました」

今季最長の8回を投げきり、球数も今季最多108球。8回は続投を志願してマウンドに上がった。「まだ余力ありましたし、投げたいなという気持ちが強かったので」。前日に日本人メジャー選手では最多の1試合8打点をマークし、延長11回までフル出場した翌日、ロイヤルズ打線を圧倒する力投でチームの連敗を2で止めた。

投打でフル稼働の活躍に「昨日はたまたまチャンスがあった打席が多かったので打点が多くなったかなと。連敗している時に登板するのはなかなかきついですけど、やりがいを感じてしっかりと仕事できたのはよかったかなと思います」と振り返り、すがすがしい表情だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加