バカリズム、木村拓哉のソロ曲MV秘話に「カッケー」 男性スタッフも黄色い歓声

バカリズム、木村拓哉のソロ曲MV秘話に「カッケー」 男性スタッフも黄色い歓声

  • Sirabee
  • 更新日:2022/05/14
No image

13日深夜放送『バズリズム02』(日本テレビ系)では、キムタクこと木村拓哉のミュージックビデオ(MV)の裏話に言及。MCのバカリズムらを興奮させた。

■トップアーティストの振り付け

日本・海外のトップアーティストから振り付けのオファーが殺到するダンスパフォーマンスグループ・s**t kingz(シットキングス)がゲスト出演したこの日。

同グループのメンバー・kazukiは「もともとSMAPの最後のライブのときに、僕が3曲振り付けさせてもらって。その数年後に、ソロではじめて新曲を出すと、木村さんが。そのときに『kazukiを』ってオファーしてくださったんですよ」と、木村のオファーで『One and Only』の振り付けを担当したと言及。

しかし木村が多忙だったのものあり、「振り入れが当日まで会えない、撮影日その日に振り入れをしてくれって言われて」と指示されたと吐露した。

関連記事:EXIT・りんたろー、キムタク新作CDを3枚購入も悲しい事態 「どうやって…」

■数年ぶりの再会に…

「しかもその作品(MV)が4分間ぐらいの一発撮りなんですよ。1カメでこう会場内をグルグル行ってステージに行って、最後にプールに飛び込むみたいな」とかなり厳しい条件での振り付け指導になったと解説。

そこから本番の2時間前に数年ぶりに木村と再会したkazuki。笑顔であいさつするも木村はぶっきらぼうな態度だったという。

「こわっ」とおびえてしまったkazukiだったが、近づいてきた木村にハグされて耳元で「久しぶり」とつぶやかれたと明かし、「恋に落ちました、僕は」と興奮気味に語った。

■バカリズムとおじさんスタッフは…

バカリズムもそんな木村の態度に「カッケー」と感嘆の声を漏らすなか、kazukiはさらに撮影を振り返っていく。

「ワンカットなんでスタッフ陣がみんなドキドキしてたんですよ」と緊張感のある撮影だったと回顧。最後にプールに飛び込み髪をかきあげた木村が、手で水鉄砲のようにカメラに向けて水を飛ばした姿に「おじさんスタッフたちが『キャー』ってなりました。ほんとにカッコいいです」と称賛が止まらなかった。

■視聴者も興奮

当日に振り付けを覚え、ワンカット撮影を見事に成功させた木村。

MVに関する貴重なエピソードに、視聴者からは「木村拓哉さん、スゴすぎる」「キャーってなる、おじさんスタッフさん達のお気持ち痛いほど分かります」と驚きと共感の声が殺到していた。

・合わせて読みたい→木村拓哉インスタに堂本剛が降臨 「神コンビ」とファン大興奮

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加