【岩合光昭】カメラマンはずぶ濡れ...ペルー・ティティカカ湖の猫

【岩合光昭】カメラマンはずぶ濡れ...ペルー・ティティカカ湖の猫

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/02/23
No image

岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい猫(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、ペルー・ティティカカ湖の「水没注意ニャ」です。

【今週の猫の写真はこちら】

*  *  *

ティティカカ湖の標高は3890m、富士山より高い位置にある。湖に自生する植物トトラを重ねた小さな浮島に、人だけでなく猫も暮らしていた。

のんびり日向ぼっこをするマリアーノ(オス1歳半)には、生後1カ月ほどの5匹の弟妹がいた。母猫は子猫たちで精一杯、マリアーノを煙たがる。

仕方なく、彼はひとり浮島の外れに行き、湖の水を飲む。おっ! シャッターチャンスと追いかけたら、ズブズブズブッ。右足がトトラを突き抜け水の中へ。マリアーノに凝視される。

デジタル岩合

http://www.digitaliwago.com/

※週刊朝日  2021年2月26日号

岩合光昭

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加