BTSジョングク、新曲MV監督つとめ「照れくさい」新たな夢も語る<「BE」グローバル記者会見>

BTSジョングク、新曲MV監督つとめ「照れくさい」新たな夢も語る<「BE」グローバル記者会見>

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/11/20

【モデルプレス=2020/11/20】BTSが20日、ニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」をリリース。同日グローバル記者会見を実施しアルバムに込めた思いなどを語った。

No image

(写真 : JUNG KOOK/「YouTube BANGTANTV」より)

【写真】坂口健太郎&BTSの仲良しプライベートショットにファン驚き

◆BTS、新アルバム「BE」リリース

本作は新型コロナが引き起こした“新しい日常でも僕たちの人生は続く”というBTSのメッセージ、全世界ファンと世界に向けた慰めを込めたアルバム。メンバーが音楽だけではなく、コンセプト、構成、デザインまでアルバム制作全般に参加した。

今回、リード曲「Life Goes On」のミュージックビデオの監督をメンバーのJUNG KOOKが担当。

それについてJUNG KOOKは「監督というにはまだあまりにも照れくさいですね。普段から映像を撮るのが好きなので務めることになりました。担当することになったのでできるだけ頑張ろうと思いました」とコメントした。

また「曲を聞いた時、僕たちが重要だと考えたのが真心と現実感。演出チームとメンバーと相談し、メンバーが個人的に見せたいものを聞いて、その意見を反映した」「ARMYのみなさんに会えなかった部分、それに対する残念さ、恋しさも表現した」と説明した。

MV監督をつとめたことについて「とても不思議でしたし嬉しかったです。今回を機に、個人的に素敵なMVを撮ってみたいという夢もできました」とも語っていた。

本作は「Life Goes On」を始め、収録曲は全8曲。世界的にヒット中の「Dynamite」も収録された。同アルバムは20日14時に世界同時リリースされる。

なおメンバーのSUGAは最近肩の手術を受け、回復に専念するため今回の会見には出席しなかった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加