W杯に黄色信号...なでしこDF高橋はな、右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷で全治約8カ月

W杯に黄色信号...なでしこDF高橋はな、右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷で全治約8カ月

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/11/25
No image

三菱重工浦和レッズレディースは25日、DF高橋はな(22)の負傷についての詳細を発表した。

【動画】【海外日本人】長谷川唯がマンチェスター・シティ初ゴール

高橋は11月に行われたなでしこジャパンのスペイン遠征中に負傷し、10日に離脱が発表されていた。

クラブによると、右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷で全治には約8カ月を要する見込み。18日に手術を行ったとのことだ。

浦和は今夏に南萌華がローマへ移籍し、センターバックの層が手薄となっていただけに大きな痛手を被ることに。MF栗島朱里が復活を遂げたものの、浦和は現在もMF一法師央佳、DF長船加奈、GK鈴木佐和子、GK池田咲紀子の4人が同じヒザのじん帯を負傷して離脱している。

また、なでしこジャパンも来年7月にオーストラリア&ニュージーランドW杯を控えており、こちらにも黄色信号がともることとなった。

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加