【台風15号】静岡県に24日最接近 24時間雨量は西部・中部で250ミリ 気象台「安全確保に努めて」

【台風15号】静岡県に24日最接近 24時間雨量は西部・中部で250ミリ 気象台「安全確保に努めて」

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

台風15号は24日静岡県内に最も接近する見込みです。

24日昼前にかけ大雨となるおそれがあり、気象台は土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

高知県沖を北上している台風15号。このあと進路を北東に変え、県内には24日朝から夕方にかけて最接近するとみられます。

台風の影響で県内には暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっていて、現在、遠州南には大雨警報が出されています。

雨のピークは23日夕方から24日昼前にかけてとみられ、24日午後6時までの24時間ではいずれも多いところで西部・中部で250ミリ、東部・伊豆で200ミリと予想されています。

気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒し、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物の中に移動するなど、安全確保に努めるよう呼びかけています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加