indigo la End「夜行秘密」が小説化、カツセマサヒコが14編のラブストーリーを描く

indigo la End「夜行秘密」が小説化、カツセマサヒコが14編のラブストーリーを描く

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2021/04/10

indigo la Endとカツセマサヒコのコラボ小説「夜行秘密」が7月に発売される。

No image

indigo la End

すべての画像を見る(全5件)

No image

「夜行秘密」は2月にリリースされた、indigo la Endの同名アルバムをモチーフにした連作小説。アルバムに収録された14曲を題材に、カツセが14編のラブストーリーを書き下ろしている。詳細な発売日は後日告知される。

川谷絵音(indigo la End)コメント

indigo la Endの音楽は小説的だと今まで何度も言われたことがありましたが、
ようやく夜行秘密という作品で実現しました。
カツセさんが書く夜行秘密はどんなものになるのか、僕も楽しみです。

カツセマサヒコ コメント

indigo la Endのアルバム「夜行秘密」の全14曲を、一冊の小説に書き下ろしました。
前作「明け方の若者たち」から一年。自分ひとりでは決してたどり着けなかった
物語の世界に、indigo la Endが連れていってくれました。
この物語が、誰かの特別になることを願っています。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加