広瀬すず&松坂桃李、役づくりで激やせ 撮影中に明暗

広瀬すず&松坂桃李、役づくりで激やせ 撮影中に明暗

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/05/13
No image

広瀬すず&松坂桃李

広瀬すず松坂桃李が13日、都内で行われたダブル主演映画『流浪の月』の初日舞台あいさつに登壇し、互いに激やせしたという撮影を振り返った。この日は、共演の横浜流星多部未華子内田也哉子李相日監督も来場。子役の増田光桜がサプライズ登場し、広瀬と松坂に花束を贈った。

本作は「2020年本屋大賞」で大賞を受賞した凪良ゆうの小説を実写映画化。19歳の大学生・佐伯文(松坂)は、家に帰りたくないという10歳の少女・家内更紗(白鳥玉季)を連れ帰り、生活を共にしたことから逮捕され、互いに“被害女児”と“加害者”のらく印を押される。15年後、文は成長した更紗(広瀬)と思わぬ再会を果たす。

本作撮影時、激やせぶりが話題を呼んだ松坂は、「(映画の)情報解禁前だったので、(理由を)言うに言えず、『何かあったのか?』と言われていました」と笑いながら、時間をかけて役にアプローチできた現場に感謝を示す。文に寄り添う看護師・谷あゆみ役の多部は、李監督から役づくりのために「桃李くんを触って」と言われていたことを明かし、「撮影のセッティング中にずっと触らせていただきました。ウエストがぞっとするくらい細くて、いろんな思いでここに立っているんだな……と感じて、自分も頑張らないといけないと思わせてくれる、お人柄と体形でした」と振り返った。

一方の広瀬も、撮影前に李監督から「影を背負った儚いイメージ」を求められて減量したそうで、松坂は「カメラテストの時に、ものすごいシルエットで現れたんですよ。めちゃめちゃ痩せてる! これをキープするのは大変だと思った」と回顧。しかし、撮影中は体力消耗により体重が減っていくため、広瀬はトレーナーに管理してもらいつつ食事をしっかりとり、「息抜きにもなるので焼肉を食べていました」と報告。逆に撮影中も食事制限をしていた松坂は、「(広瀬出演回の)『情熱大陸』を観たら、焼肉とかラーメンとかすすってるし、うらやましいと思った」と吐露した。

そんな松坂を、クランクアップ後に洋食屋に連れて行き、「何でも食べて」と勧めた李監督は「最初に注文したのが雑炊」と暴露。松坂が「胃に優しいものありますか? と言ったら作ってくれて、(食べる)手が止まらなくて……。美味しかったです」とほほ笑むと、李監督は「あんなに雑炊をおいしそうに食べる人、初めて見ました。笑顔を見られただけで罪悪感が全部落ちていきました」と安堵の表情を見せていた。(錦怜那)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加