強烈フックで27秒殺KO!テンプル直撃の相手は膝を抱えて立てず=ブラジルSFT

強烈フックで27秒殺KO!テンプル直撃の相手は膝を抱えて立てず=ブラジルSFT

  • イーファイト
  • 更新日:2022/05/14
No image

テンプル直撃の強烈なフック!相手は膝を抱えて立ち上がれず(SFT Combat公式YouTubeより)

5月8日(日本時間)ブラジル・サンパウロで開催された格闘技イベント『SFT EXTREME 7』のメインイベントにて、相手のテンプルに強烈なフックを叩きつける27秒殺KO劇が起きた。

勝利したのはウェルター級のケベム・フェリペ(28=ブラジル)。対戦相手はホドルフォ・セザール(27=ブラジル)で、オープンフィンガーグローブによるキックボクシングルールマッチだった。
【動画】テンプル直撃の強烈フックKO!相手は膝を抱えて立ち上がれず

フェリペはプロ23勝2敗の戦績を持ち、キックボクシングルールの試合も行う二刀流ファイター。昨年7月のキックマッチで初回KO勝利を飾った。
対するセサールもMMAとキックの両方で戦い、前戦となるキックマッチでKO勝利を収めている。

試合は1R、フェリペが開始早々からローキック、飛び膝蹴りと果敢に攻める。セサールも負けじと前に出て、至近距離で打ち合うが、フェリペの強烈な左フックがテンプルにヒット!

前のめりにダウンしたセサールは身体を起こすも、立ち上がれずに金網にもたれ、膝を抱える状態。脳を揺らされたのか、怖気付いてしまったのか、意識はあるものの、レフェリーのカウント10内には立ち上がれず、TKO負けした。

僅か27秒の秒殺KO劇に、会場に集まったフェリペの大応援団から大歓声が沸いた。

『SFT EXTREME 7』
2022年5月8日(日本時間)ブラジル・サンパウロ
▼キックボクシングルール・ウェルター級マッチ
●ホドルフォ・セサール(ブラジル)
TKO 1R27秒 ※左フック
○ケベム・フェリペ(ブラジル)

▶︎次ページは【動画】テンプル直撃の強烈フックKO!相手は膝を抱えて立ち上がれず

▼【動画】テンプル直撃の強烈フックKO!相手は膝を抱えて立ち上がれず

◀︎前ページにもどる

【関連フォト】

【フォト】これが世界で最も人気のあるラウンドガールだ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加