オリンピック4K録画におすすめのレコーダ3選 パナ、ソニーシャープ

オリンピック4K録画におすすめのレコーダ3選 パナ、ソニーシャープ

  • Engadget
  • 更新日:2021/07/22
No image

「見るものなし」と言われた4K放送ですが、オリンピックとなれば話は変わってきます。多くの競技は地上波とBS4Kでサイマル放送されることになっており、どうせ見るなら4Kで、という事になってきます。

ちなみに放送スケジュールで見ますと、NHK BS4Kは開会式から閉会式までほぼべったり、民放BS4Kは持ち回りで注目競技を放送します。

放送はたいだい朝9時から夜22時過ぎまで行われるようですが、1日中テレビにかじりついているわけにもいかない方は、録画して仕事終わりにゆっくり見るということになろうかと思います。そこで今回は、オリンピックの4K放送を録画、記録としてディスクメディアに長期保存可能という条件で、レコーダ3モデルを選んでみたいと思います。

レコーダは、自分の好きな番組を予約録画していく個別録画タイプと、指定の放送局を全部録るチャンネル録画タイプに別れます。ただ今回のオリンピックは、民放が各社持ち回りで放送します。BS4Kチューナーを6個とか積んでるレコーダはありません。また最新レコーダなのに4Kチューナーを搭載しないものもあるなど、昨今は4K放送の扱いが下がってきている感もあるところです。

そこで今回はチャンネル録画機は見なかったことにして、新旧にあまりこだわらず、BS4K対応個別録画機で3チャンネル以上同時録画モデルから選んでいくことにしました。

■旧モデルだけど十分、パナソニック「DMR-4W201」

No image

Amazon価格56500円、楽天市場価格69300円

パナソニック DIGA DMR-4W201(Amazon)

パナソニック DIGA DMR-4W201(Rakuten)

レコーダ市場は今やパナソニックとソニーの一騎打ちみたいなことになってきておりますが、昨年10月発売ながら根強い人気を誇るパナソニック「DMR-4W201」からご紹介します。

本機はBS4Kおよび110度CS4Kチューナーを各2基搭載した、HDD 2TBモデル。BS4Kの2チャンネル同時録画に対応します。全部で3チャンネル録画できますから、オリンピック2種目以外にいつも見ている地上波番組がもう一つ同時録画できます。なぜ旧モデル推しかといいますと、今年のモデルは4Kチューナー非搭載なのです。

Blu-rayドライブ搭載で、4K番組を4K解像度のままでBlu-ray Discに保存できます。「えっ? Blu-rayってHD解像度じゃないの?」とおっしゃる方には、逆に「えっ?」とご返答させていただきます。2018年初頭に規格承認されまして、Blu-ray Discは4K記録ができるようになっております。もちろんUltra HDブルーレイの再生にも対応します。

またスマホ連携により、番組予約をスマホから行ったり、録画した番組をスマホで見ることもできます。iPhoneとAndroid両対応です。

HDRはHDR10、HDR10+、HLGの3対応。そのほか音楽を貯めてハイレゾサーバになったり、レコーダなのにVODサービス対応でNetflixが見られたり、別売のペットカメラを接続して録画できたりと、なかなかに万能選手です。スマートスピーカーもGoogleアシスタントと連携できます。

店頭価格は57,000〜79,000円といったところ。発売当初は95,000円ぐらいでしたので、だいぶ価格がこなれてきているところです。また本機は「ホームビューイングキャンペーン第3弾対象機器」ですので、7月25日までにお買い上げいただくと最低10000円からのキャッシュバックが受けられます。

パナソニック DIGA DMR-4W201(Amazon)

パナソニック DIGA DMR-4W201(Rakuten)

■発売したての新モデル、ソニー「BDZ-FBT2100」

No image

Amazon価格86864円、楽天市場価格90450円

ソニー BDZ-FBT2100(Amazon)

ソニー BDZ-FBT2100(Rakuten)

昨年は新モデルの投入がなかったソニーですが、今年は6月に新モデルが出ています。その中でも4Kチューナー×2 + 2TB HDD、3番組同時録画対応と、スペック的には上のパナソニックとかなり近い内容の「BDZ-FBT2100」をご紹介します。

ソニーはチャンネル録画機にあまり興味がないようで、様々なアルゴリズムを駆使して自動録画していく機能に力を入れてきました。たまたま見た番組を次回予約するといった機能や、スポーツ延長対応といった番組追跡、同じ番組の再放送を録画しないなど、賢さにも定評があります。オリンピックも、競技名を入力すればバンバン自動で録画してくれるはずです。

グループ名、コンビ名などを登録すると、そのメンバーが個々に出演する番組も全部録画してくれる「まる録辞書」など、ジャニヲタ系の奥様お嬢様がいらっしゃるご家庭にはたまらない機能が目白押しです。

4K放送を非圧縮でバンバン録ると2TBじゃ足りないと思われるかもしれませんが、外付けHDDを使って容量拡張ができます。前作までは6TBまででしたが、このモデルでは8TBまで対応します。合計10TBあれば、BS4K2チャンネルを1日11時間DR録画しても30日ぶんぐらい録れますので、オリンピックには十分かと思います。

HEVCによる長時間録画も「4Kインテリジェントエンコーダー」により、低ビットレート時の画質が向上しました。また4K放送録画が音声付きで1.3倍早見再生できるなど、時短視聴にも対応します。

さらにテレビとの接続時に、テレビ側の性能を見極めて自動で画質調整を行う「おまかせ画質モード」を搭載。組み合わせ的には4Kブラビアが最強ですが、他社製テレビでもディスプレイ設定で種類などを選択すれば、約2500パターンのパラメータから最適なものを選んで、自動で画質調整を行います。

4K放送のBlu-rayダビング、スマホからの録画予約対応も、最新モデルですから当然クリアしています。ただ、スマートスピーカー連携機能はありません。

こちらは店頭価格85,000〜95,000円といったところ。ソニー製品はあまり値下がりしませんが、初値は10万円超えでしたので、多少買いやすくなってきています。

ソニー BDZ-FBT2100(Amazon)

ソニー BDZ-FBT2100(Rakuten)

■オリンピック後も楽しめる、シャープ「4B-C20DT3」

No image

Amazon価格85273円、楽天市場価格79800円

シャープ 4B-C20DT3(Amazon)

シャープ 4B-C20DT3(Rakuten)

こちらも同じく今年6月に発売されたばかりの、AQUOS 4Kレコーダー「4B-C20DT3」です。4Kチューナー×2 + 2TB HDD、3番組同時録画対応と、3モデル横並びのスペックで選んでみました。BS4Kダブル録画可能で、録画画質そのままにBlu-rayに記録できるのも同様です。スマートスピーカー連携はGoogleアシスタント対応です。

本機のポイントは、変換機能の多さです。4K放送のHLGをHDR10に変換する機能がありますので、HDR10対応/HLG非対応のテレビにつないでも、HDR映像が楽しめます。また地デジのSDR映像もHDR10に変換して表示する、「OLEDモード」を搭載します。

新開発エンジン「Medalist BD」を使って、4K放送をHEVCに変換して圧縮記録が出来ますが、同様に地上波放送もHEVC記録する「2KHEVC」も面白い機能です。地デジ録画では、Blu-ray書き込みの親和性のために普通はAVC記録が使われますが、HEVCだと2.4倍圧縮でも元のDRモードと同レベルだといいます。同様の機能は上記ソニー「BDZ-FBT2100」にもあります。

ただしHEVCはいったん録画した番組の変換として使える機能で、HEVCで直接録画はできません。また2KHEVCで記録したBlu-ray Discは独自規格になるため、他の機器では再生できない場合がありますのでご注意ください。

本機も外付けHDDによる容量拡張に対応しますが、コンテンツ保護技術SeeQVaultには非対応ですので、録画したHDDは本機でしか視聴できませんのでその点もご注意ください。

店頭価格は75,000~85,000円といったところ。なお本機はAQUOS20周年キャンペーン[AQUOS20周年キャンペーン:シャープ]の対象商品で、8月9日までにお買い上げいただいた方は5,000円のギフトカードがもらえます。同社テレビとの組み合わせだと、抽選で最大75,000円のギフトカードが当たります。

最後に、今年4月から7月にかけて各社新モデルを投入していますが、昨年はコロナ禍ということもあり、パナソニック以外のメーカーはレコーダの新モデル投入を見送っています。したがって今年は2年ぶりの新モデルとなる機種も多いところです。

逆に言えば、旧モデルは2年前ということになりますので、かなり値下がりもしています。4K放送は2018年12月からスタートしており、2019年は4K放送対応モデルが沢山出た年でしたので、最新にこだわらないのであれば、2019年の高級モデルを安く買うという手もあります。レコーダは劇的なイノベーションが起こる分野でもありませんので、気になるモデルの旧作もついでに調べてみると、いいお買い物ができるかもしれません。

シャープ 4B-C20DT3(Amazon)

シャープ 4B-C20DT3(Rakuten)

Nobuyoshi Kodera

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加