ラグビー関東大学リーグ戦はいよいよ最終節。東海大×日本大、優勝と大学選手権最後の出場枠がかかる戦いを制するのはどちらか。

ラグビー関東大学リーグ戦はいよいよ最終節。東海大×日本大、優勝と大学選手権最後の出場枠がかかる戦いを制するのはどちらか。

  • J SPORTS|コラム(ラグビー)
  • 更新日:2022/11/25

ラグビーの関東大学リーグ戦は今週末で最終節を迎える。11月27日、秩父宮ラグビー場の第2試合(14時キックオフ)で対戦するのは、5勝1敗で首位に立つ東海大と、3勝3敗の4位日本大だ。

No image

東海大の現在の勝ち点は26で、同21の2位流通経済大との差は「5」。東海大はこの最終戦で敗れたとしても、7点差以内なら優勝という優位な状況だ(流通経済大がボーナスポイント付きの勝利を挙げ、東海大が勝ち点なしで敗れた場合、勝ち点26で並び、全試合の勝利数で上回る流通経済大が優勝)。もっとも理想は勝って5連覇を決めることであり、いい形でリーグ戦を締めくくりたいという気持ちが強いはず。この先に控える大学選手権へ勢いをつけるためにも、強い意気込みで臨んでくるだろう。

一方日本大の現時点の勝ち点は15で、大学選手権への出場権が与えられる上位3校入りへ、かすかではあるが可能性を残している。ただし他会場の結果に左右される部分が大きく、こちらもまずは目の前のゲームに勝利することに集中しているはずだ。シーズンの前半戦で痛恨の惜敗を喫し、ここまで本来の力を発揮できない戦いが続いただけに、こちらもこのリーグ最終戦にかける思いは強いだろう。

ちなみに昨シーズンの対戦は19-19で引き分けており、最終的にはともに6勝1分けの勝ち点32で並んだ末に、全試合の得失点差で上回った東海大が優勝を手にしている。東海大にすれば今回こそきっちり勝って決着をつけたい思いがあるだろうし、日本大としても勝ち切れなかった昨季の悔しさをここで晴らしたいところだろう。お互いの意地がぶつかる激戦になることが予想される。

それぞれのここまでの戦いぶりをチェックすると、東海大は不戦勝となった大東文化大戦を除く5試合の平均得点が53.6で、平均失点は19.2。全試合でボーナスポイントを獲得している上に70得点以上の試合も2つあり、高いトライ奪取力を誇示している。対する日本大は6試合平均で得点29.6、失点は27.2。昨季に比べると失点が多く(昨季は7試合で平均16.2失点)、不安定な防御が苦しい戦いの要因となっている印象だ。リーグ随一の攻撃力を誇る東海大を相手に、日本大がどこまでディフェンスで踏みとどまれるかが、この試合のひとつの見どころといえるだろう。

また東海大は11月13日に予定されていた大東文化大戦が相手の出場辞退により中止となったため、今回は10月30日の第5節関東学院大戦以来、約1か月ぶりの公式戦。それだけに試合の入りの局面は、いつも以上に意識して臨んでくるだろう。プレッシャーがかかる序盤戦でどちらが主導権を握るかという点も、大きなポイントになりそうだ。

発表されたスターティングラインアップを見ていくと、東海大のFWは第1列が井上優士、石橋慎悟の両PRにHO下江康輔という不動の3人で、LO陣は5戦連続で椎名耀二とワイサケ・ララトゥブアのコンビ。バックローは薄田周希、レキマ・ナサミラの両FLとNO8井島彰英という並びになった。

BKではSH清水麻貴、SO武藤ゆらぎのHB団と伊藤峻祐主将、近藤翔耶のCTBペアが6試合連続の先発。WTBは左に照屋林治郎、右が今季初出場の中川湧眞で、FBは谷口宜顕が務める。

No image

これに対し日本大のフロントローはPR金樹一、HO林琉輝、PR岩上龍の3人。両LOは太田寿一郎とイオセファツ・モレコが3試合連続でペアを組む。第3列は原田竜弥が2試合ぶりに6番に復帰し、7番にキャプテンの平坂桃一、NO8は佐川奨茉という布陣だ。

HBは前節に続きSH齋藤史哉とSO中司大也が務める。本来10番の饒平名悠斗は12番にシフトし、広瀬龍二とCTBコンビを形成。バックスリーには水間夢翔ナサニエル・トゥポウのWTBにFB普久原琉という決定力ある3人が入った。

マッチアップで注目したいのは、東海大・谷口宜顕と日本大・普久原琉の両15番。ともに多彩な能力を有するアタックのキーマンで、陣地を進めるキッキングゲームでも重要な役割を担う存在だ。ボールタッチが多く状況を変える力のある選手だけに、それぞれ厳しいマークを受けるだろう。そのプレッシャーの中で、流れを引き寄せるパフォーマンスを見せてくれることを期待したい。

No image

文:直江 光信

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加