池田清彦氏 政府のコロナ対策批判「まき散らして来いというに等しい政策」

池田清彦氏 政府のコロナ対策批判「まき散らして来いというに等しい政策」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/02
No image

池田清彦氏

フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」(水曜、後9・00)に出演する生物学者の池田清彦氏が7月31日、東京都の新型コロナウイルス新規感染者が400人を超えたことについてツイートした。

東京都の新規感染者は7月31日が463人、8月1日が472人となっている。

池田氏は「東京都感染者400人超。どうでもいい時には全学校に休校要請だし、肝心な時には、補助金出して、コロナウイルス撒き散らして来い、というに等しい政策をするって、いったいどういう政府かしら」と、休校要請からGo To トラベルキャンペーンに至る政府の新型コロナ対策を批判。

「責任取る取る詐欺の最高責任者は、お隠れになっちゃって。スゲーぜ、ニッポン」と、安倍晋三首相を皮肉った。

なお、首相官邸のホームページによると、安倍首相が6月17日の国会閉会から約1カ月半の間に行った会見は6月18日、7月9、22、24、31日(×2)の6回。

31日に行った「新型コロナウイルス感染症の感染者数増加への対応等について」の会見は、官邸HPに掲載されている動画は安倍首相が1分43秒ほど一方的にしゃべって立ち去るもので、文字起こしされて掲載された発言は400字ほどとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加