ヤンキース左腕パクストン順調回復「待ちきれない」

ヤンキース左腕パクストン順調回復「待ちきれない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/05/23
No image

ヤンキース・パクストン(2019年10月13日撮影)

2月に背中を手術したヤンキースの左腕ジェームズ・パクストン投手が、ブルペンでの投球練習を繰り返すまでに回復している。MLB公式サイトが22日に伝えた。

パクストンは新型コロナウイルスの影響で遅れている今季がいつ開幕しても大丈夫と自信を見せ、YESネットワークの取材に対して「(開幕が)待ちきれない」と語っている。

31歳のパクストンは2月の手術後、春季キャンプが中断される前にはキャッチボールを再開。当初の想定では最短で5月半ばの戦列復帰が見込まれていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トラウト41億→9億円?MLB大減俸案で前途多難
報酬削減案にダルビッシュは選手側の立場を強調
批判は覚悟、ぶれずに WBC参加辞退―松井秀喜、メジャー挑戦の系譜(4)
MLB、7月開幕協議は難航か 選手会が年俸削減案を却下し対案提示
MLBの新たな年俸削減案にボイコットも? 米紙が可能性のある選手をタイプ別に検証
  • このエントリーをはてなブックマークに追加