東急電鉄、段差と隙間などバリアフリー情報をアプリで提供開始

東急電鉄、段差と隙間などバリアフリー情報をアプリで提供開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

東急電鉄は21日、スマートフォンアプリ「東急線アプリ」で世田谷線・こどもの国線を除く東急線全駅のホームのバリアフリー関連情報を確認できるサービスを開始した。

JR東ら7社、AI活用し非対面・非接触での利用者案内 - 実証実験開始

今回アプリで提供されるのは、ホームと乗車口の段差と隙間の情報で車いす利用者にとって車両からの乗降をスムーズに行う上で有益な情報となる。加えてエレベーター、エスカレーター、階段、ホーム屋根、車いすスペースの位置情報の提供も行われる。同社によれば、ホームと車両乗降口の段差、隙間に関する情報の全駅(世田谷線・こどもの国線を除く)での提供は大手私鉄では初めての試みになるという。

竹中貴一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加