「当てる」ではなく「当たる」スウィングを身につけるために。練習場で必ずやりたい“1球打ったら3回連続素振り”のルーティーン【初心者を脱したゴルファーが『100』を切るためのレッスン】

「当てる」ではなく「当たる」スウィングを身につけるために。練習場で必ずやりたい“1球打ったら3回連続素振り”のルーティーン【初心者を脱したゴルファーが『100』を切るためのレッスン】

  • みんなのゴルフダイジェスト
  • 更新日:2022/09/25
No image

ゴルフには“スコアの壁”がつきもの。ビギナーを脱したアマチュアゴルファーに立ちはだかるのがスコア100の壁だ。これを乗り越え「100切り」を達成するにはどうすればいいか? プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説。今回は「打球練習をするときのオススメルーティーン」を教えてもらおう。

打ちっ放しやインドアスタジオで実際にボールを打ちながらのスウィング練習。多くのアマチュアは、こういった練習を経て上達していくのだが、ただ球数をこなすことが上達につながるわけではない。

[ 関連記事を読む - LESSON ]

とくに練習場では練習用のボールが相当数用意されていて、ついつい連続でボールを打ちたくなるところだが、「連続でボールを打つのは、ともすれば悪いクセが付いてしまうリスクもあるんです」と兼濱は言う。

No image

「前提として、ゴルファーが目指したいのはボールに『当てる』スウィングではなく、スウィング軌道の途中にボールが置いてあり、振れば自然と『当たる』というスウィングです。ですが、人はミスをしてしまうと『次はちゃんと打ちたい、当てたい』と考えてしまうもの。ボールを連続で打っていくと、だんだんと『当てる』スウィングになっていってしまうんです」(兼濱、以下同)

そしていちばん悪いケースが「『当てる』スウィングで成功体験を得てしまったとき」だと兼濱は続ける。

「当てにいく動きは、基本的にミスにつながる悪い動きです。それが、たまたま噛み合って『当てる』スウィングで成功してしまうと、それが正解だと認識してしまうんです。そうなってしまうと、ゴルフの上達のサイクルからどんどん外れてしまいます」

なので、打球練習では連続でボールを打たないことを念頭に置き、そのうえで「1球打ったら3回連続素振りをする、というルーティーンを取り入れてみてください」と兼濱。

No image

1球打ったら3回連続素振り。このルーティーンを採用することが、「当たる」スウィングを作る第一歩だ

「打球の合間に連続素振りを挟むことで、ボールへの意識も外れますし、スウィングを再確認する時間にもなります。ちょっと極端な言い方かもしれませんが、トップもダフリもプッシュもチーピンも、ミスのすべては当てにいったかどうか。それくらい、当てにいくのではなく当たるスウィングを作ることは大切で、その第一歩が連続でボールを打たないことなんです。さらに言うなら、当てにいっていないし、ちゃんとスウィングできているのにミスが起きるっていうことは『スウィング以外に原因があるはずだ』と正しくクラブを疑えるようにもなります。たとえば『この人にとってはハイバウンス過ぎるのかな』とか『シャフトが重すぎるかもな』などですね。単純なスウィングの上達だけでなく、クラブ選びにもつながるわけです」

協力/広尾ゴルフインパクト

みんゴル技術班

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加