折りたたみiPhoneは2023年発売とのアナリスト予測。画面は8インチか

  • Engadget
  • 更新日:2021/05/03
No image

MacRumors

折りたたみiPhoneが2023年に発売されるとの噂話がありましたが、販売初年度に最大2000万台出荷されるとのアナリスト予測が報じられています。

アップルのインサイダー情報に定評あるアナリストMing-Chi Kuo氏は、今年3月に「主要な技術と大量生産の問題」が解決できればとの条件つきで、2023年までに「7.5~8インチの折りたたみiPhone」が発売される可能性があると述べていました。新たに公開されたKuo氏の投資家向けメモは、それを補強する続報となっています。

Kuo氏は、2023年には1500~2000万台の折りたたみ折りたたみiPhoneが出荷されると予想。アップルは折りたたみ式有機ELディスプレイをサムスン一社から供給を受けることになりそうだと述べています。

また画面サイズについては、前回の7.5~8インチから「8インチ」と絞り込んでいます。もっか折りたたみデバイス市場はサムスンが主導していますが、Kuo氏はアップルが強力な 「クロスプロダクト・エコシステム」(スマートフォンやタブレット、ノートPCを含めたエコシステム)を持っているため、最初の折りたたみiPhoneにより優位に立つとの考えを語っています。

Kuo氏いわく、現時点での折りたたみスマートフォンの製品ポジションは主に「スマートフォンとタブレット」の統合とのこと。しかし「折りたたみスマホは折りたたみデザインの応用の1つ」に過ぎず、折りたたみデバイスによりスマートフォンやタブレット、ノートPCの区別が曖昧になっていくとして、「製品横断的なエコシステムとハードウェアデザインの優位性を持つ」アップルが折りたたみデバイス市場において最大の勝者になると予想しています。

折りたたみiPhoneについてはSurface Neoのように2枚の画面をヒンジで繋ぎ合わせているペンを使える可能性もある、発売後は入れ替わりにiPad miniシリーズが段階的に廃止されるなど、様々な予想が入り乱れています。

どういう形になるのであれ、アップルが折りたたみデバイスに興味を持っているのは数々の特許出願から明らかです。しかし折りたたみスマホの先駆けとなったGalaxy Foldが高価さゆえに販売台数が少量に限られたこともあり、アップルも折りたたみ式有機ELパネルの値下がりを様子見しているのかもしれません。

Source:9to5Mac,MacRumors

Kiyoshi Tane

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加