【K-1】激怒カリミアン、挑発する京太郎に「人を馬鹿にするリスペクトのないヤツ、ピエロをリング上で黙らせる」=9.20

【K-1】激怒カリミアン、挑発する京太郎に「人を馬鹿にするリスペクトのないヤツ、ピエロをリング上で黙らせる」=9.20

  • イーファイト
  • 更新日:2021/09/15
No image

カリミアンが公開練習©️K-1

9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜』のK-1ヘビー級(-100kg)ワンマッチで、京太郎(35=チーム未完)と対戦する、初代・第3代K-1WORLD GPクルーザー級王者のシナ・カリミアン(33=POWER OF DREAM)が公開練習を行なった。

【動画】怒りのシナ・カリミアン、KO必至の長距離ブロー、至近距離アッパーを披露

カリミアンは18年に初代K-1クルーザー級王座決定トーナメントで優勝し、同級王座を奪取。しかし昨年11月にK-Jeeに敗れ、3度目の防衛に失敗。今年3月のK-Jeeとのダイレクトリマッチでは、バックハンドブローで逆転KO勝ちし、再び王座に返り咲いた。

No image

至近距離でのアッパー!当たるとKO必至©️K-1

対する京太郎は元々旧K-1を主戦場とし、09年には第2代K-1ヘビー級世界王者に就いた。11年に転向したプロボクシングでは日本、OPBF東洋太平洋、WBOアジアパシフィックヘビー級王座を奪取。昨年突如K-1への参戦を電撃発表し、今年3月の復帰初戦でBigBangヘビー級王者の実方宏介をKOで下した。

カリミアンは公開練習で、所属ジムの古川会長が持つパンチングミットへ、軽快なフットワークからの鋭いパンチのコンビネーション。リーチを活かした長距離ブロー、至近距離でのアッパーと、バリエーションのある強打からパンチの練度を感じさせた。

No image

記者会見で対峙した両者。果たして、勝負の行方は?©️K-1

カリミアンは記者会見から挑発行為を繰り返す京太郎に対し「会見前は彼の功績をすごく評価していて、リスペクトの気持ちを持っていた。しかし会見を境に彼はピエロで、人のことを馬鹿にするリスペクトの欠片もないやつだと思っている」といい、さらに「私は日本にいる4年間でたくさんの素晴らしい人々に会ってきた。京太郎はその誰にも及ばない。何もない人間だ」と、怒りを込めて言い放った。

試合については「何か特別なものを用意しているわけではない。彼のテクニックはピエロのようにぐるぐると回って逃げ惑うこと。自分にとっては遊び。楽しむための試合」と、強い口調で語った。

カリミアンは最後に「皆さんの応援に応えるためにも、ピエロ・京太郎をリングの上で黙らせる」と完全勝利を誓った。

▶︎次ページは【動画】怒りのシナ・カリミアン、KO必至の長距離ブロー、至近距離アッパーを披露
▼【動画】怒りのシナ・カリミアン、KO必至の長距離ブロー、至近距離アッパーを披露

◀︎前ページにもどる[記事と写真:激怒カリミアン、挑発する京太郎に「人を馬鹿にするリスペクトのないヤツ、ピエロをリング上で黙らせる」=9.20]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加