【日本S】オリックス・能見篤史が今ポストシーズン初のベンチ入り コーチ兼任でリーグV貢献

【日本S】オリックス・能見篤史が今ポストシーズン初のベンチ入り コーチ兼任でリーグV貢献

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/11/25
No image

◆「SMBC日本シリーズ2021」 第5戦 ヤクルト―オリックス(25日・東京ドーム)

オリックスの能見が今季ポストシーズンで初のベンチ入りを果たした。

投手コーチを兼任するベテラン左腕は今季より阪神からオリックスに加入。エース・山本や2年目左腕・宮城ら若手投手に助言を送りつつ、選手としては26試合に登板。2セーブ5ホールド、防御率4.03を記録している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加