女性が本気で好きな人にとる態度って?【100人に聞いた】行動・会話・連絡から気持ちを読み取る方法

女性が本気で好きな人にとる態度って?【100人に聞いた】行動・会話・連絡から気持ちを読み取る方法

  • Oggi.jp
  • 更新日:2022/08/06
No image

男性と女性では、恋愛に対する考え方に違いがあったり、アプローチ方法が違う場合もあります。今回は、女性が本気で好きな人にとる態度を「行動・会話・連絡」の3つに分けて紹介。また、これって本気? ふざけているだけ? と悩ませる思わせぶりな態度についても調査してみました!

本気で好きな人とそうでない人で、態度は変わりますか?

No image

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20〜30代の女性100人に本気で好きな人とそうでない人で態度は変わる? と質問したところ、はい… 68.3%/いいえ… 31.7%との回答結果が。

本当はみんな平等に接したいけれど、好きな人には特別な意識が芽生えてしまうので、態度が変わってしまうのも仕方のないこと。

では、具体的にどのように態度が変わるのか? 確認してみましょう。

【行動編】女性が本気で好きな人にとる態度は?

No image

(c)Shutterstock.com

隠そうとしていても、好きな気持ちは自然と態度に出てしまうもの。その人の行動を見れば本心もわかるはず。ここでは、「本気度がわかる! 好きな人にとる行動」を紹介します。

【1】笑顔でいる

男性は女性の笑顔に弱いと言われることが多いですよね。そんな心理を利用して、一緒にいるときはなるべく笑顔を心掛ける女性も多いようです。

一緒にいることで安心感や癒やしをあげたいと感じているのかもしれませんね。

「ニコニコする。感じが良くなる」(30代・千葉県)
「基本笑顔」(30代・長野県)
「終始笑顔。声が高くなる」(30代・千葉県)
「頻繁に笑顔になる」(30代・埼玉県)

【2】特別感を演出

どんなに忙しくても時間を作ったり、みんなに言えないようなプライベートな悩みを打ち明けるのは、好きな人にしかしない特別なこと。言葉で言うよりも行動で示してくれた方が説得力もあり、信頼度も高まりますよね。

「あなたにとって特別な自分を演出する」(30代・大阪府)
「大事に扱う」(30代・愛知県)
「忙しくても時間を作る」(30代・広島県)
「大切にしているよとアピールするし言葉でも伝える」(20代・埼玉県)
「他の人に比べ距離感が近くなる。頼まれたこと、誘いを断る回数が減り、極力断らないようにする」(20代・神奈川県)

【3】優しく接する

好きな人には優しくしたいと感じる方が多いもの。人によって優しさの定義は変わってくると思いますが、相手を幸せな気持ちや穏やかな気持ちにさせてあげるには、何をしたらいいのか考えてみるのがベストです。

自分に対してだけなのか、みんなに対しても優しいのか見極めておくと、より確信も持てるかもしれません。

「あからさまに優しくなるしデレデレしてしまう」(30代・千葉県)
「好きな人にはとびっきり優しくする。たまに甘える」(30代・大阪府)
「めんどくさいことでも親身に対応する」(30代・山口県)
「優しくなる」(30代・静岡県)

【4】自然なスキンシップをとる

スキンシップは、単に気になる相手に触れたいという心理だけでなく、相手をドキッとさせるための有効なテクニックとしても有名です。

そんなスキンシップをわざわざしてくるということは、相手を脈ありだと思っているから。特に他の人にはやっていないのに自分だけ、という場合は、脈ありの可能性はもっと高くなるかもしれません。

「しっかりしつつも甘える」(30代・群馬県)
「ナチュラルに甘えてる」(30代・千葉県)
「スキンシップ多め。好意があるアピールをする」(30代・東京都)

【5】好き避けをする

中には好きな人の前では素直になれず、強がってツンツンした態度をとってしまうタイプも。好きが故に上手くコミュニケーションがとれず、少し距離を置いて見守っていることが多くなってしまうよう。

LINEや電話などを使って少しずつ距離を縮めて、目の前にいても緊張しないような免疫を作れるように努力してみるのもおすすめです!

「よそよそしくなる。その結果、避けているような態度になってしまう」(30代・北海道)
「少し緊張した話し方になったり、ちゃんと目を見て話せなくなる」(20代・鳥取県)
「嫌われるのが怖くて距離をとってしまう」(20代・埼玉県)
「本音を言わないツンデレ」(30代・静岡県)

女性が見せる【脈あり】なサインとは? 好意を期待できるケースなど10選を紹介!

【会話編】女性が本気で好きな人にとる態度は?

No image

(c)Shutterstock.com

女性は男性よりも会話をする時間を多く必要として、相手との距離を縮めたいと感じている傾向が。ここでは、「本気度がわかる! 好きな人との会話」について紹介します。

【1】コミュニケーションを多くとる

好きな男性とたくさんコミュニケーションをとって、お互いを知ることは大切なことですよね。なるべく相手の話からいろいろな情報を入手したいのが乙女心。

好きな物やよく行く場所などを知ることができれば自分から「じゃあ、ここに行ってみない?」とデートに誘うこともできて、今後の関係に繋がっていくので◎。

「やたら話し掛けてくる」(30代・神奈川県)
「真剣に話を聞いたりその人にしかしないことなどが出来る」(30代・三重県)
「自分から話しかける。遊びに誘う」(30代・高知県)
「相手の話をしっかり聞く。相手が喜びそうな反応をする。自分をよく見せる」(30代・千葉県)

【2】自分のアピールをする

自分の得意なことや評価が高い部分を話題に出してアピールしているのは、好印象を与えたいサイン。

また、直接好きとは言わなくても、気になる相手のことを褒めることで喜ばせようとする女性は多いもの。気があることや、細かいところまで見ているアピールをしているのかもしれません。

「自然と好きな気持ちを伝える」(30代・新潟県)
「相手を褒める」(30代・東京都)
「可愛くみられるように話題を出す」(30代・愛知県)
「謙虚に、それでいて自分をよく見せようとします」(30代・北海道)

【3】声が高くなる

好きな人の前だと、緊張してしまったりテンションが上がったりしてしまって、つい声が高くなってしまうのでしょう。また、女性らしさや可愛らしさを強調させるために、わざと高めの声を出してアピールしてみる、という方も多くいるのかも。

「声のトーンや表情を明るくする」(30代・大分県)
「恥ずかしくてあまり話せないが、声が丁寧で可愛い声になっていると思う」(30代・兵庫県)
「素直になる。声色が変わる」(30代・東京都)
「テンションが上がる」(30代・鹿児島県)

【連絡編】女性が本気で好きな人にとる態度は?

No image

(c)Shutterstock.com

恋愛は、会っている時間以上に会えない時間のコミュニケーションを大切にすることが重要。ここでは、「本気度がわかる! 好きな人との連絡」について紹介します。

【1】まめに連絡をする

女性は好きな男性に対して、積極的にLINEやメールなどで連絡をしたいと思うもの。可愛いスタンプや絵文字を使って、まめにやり取りをすることもあるでしょう。

なるべく連絡を途切れさせたくないので、「じゃあね、また今度!」のような連絡を断ち切るメッセージは送ることはありません。気のない相手には、連絡頻度が少なかったり、既読無視も多くなったりしてくるでしょう。

【2】ときどき電話をする

「ちょっと声が聴きたくなって…」と電話をしたいと求めてくる場合は、脈アリなアクションですよね。

特に酔ったタイミングや寝る前などのタイミングは、女性が人恋しくなるタイミングのひとつ。自分の中で彼が、精神的な支えになっていることがよくわかると思います。

【3】デート後、次の約束を取り付けてくる

デート後、相手との発展を望む女性なら、お礼の連絡とともに次の約束を取り付ける行動をするはず。

「また予定が合うときに食事に行きませんか?」や「今日話に出てきたあの映画、私も気になっているんです」など、次の約束に繋がりそうな言葉があれば、本気度が高いアプローチの可能性が。

女性が見せる【脈あり】なサインとは? 好意を期待できるケースなど10選を紹介!

本気で好きではない? 男性にする思わせぶりな態度も要確認!

No image

(c)Shutterstock.com

思わせぶりな態度をとっているつもりがなくても、男性にとっては「これはどういうつもりなんだろうか」と疑問に思うこともあるはず。相手を惑わせていないか確認するためにも、自分の言動は問題ないか、振り返ってみるとよいかもしれません。

【1】曖昧な回答が多い

曖昧な回答は、はっきりさせたくないときに使える便利な言葉ですよね。ときには、相手にリードしてもらうためのサポートの意味も込めて、曖昧にするシチュエーションも。

とはいえ曖昧にしたことがきっかけでトラブルが起きたり、今後の関係性に響いてくる部分もあると思うので気を付けながら活用していきましょう。

「はっきり断わらない」(30代・神奈川県)
「自分から積極的にはいけない、もしくはリードしてほしいサイン」(30代・東京都)
「即答しない」(30代・東京都)

【2】過剰に相手を褒める

好きという言葉を使わずに、きわどいワードをたくさん盛り込んで褒めてくる女性はあざといですよね。

「頼りにしています」「○○さんだけです」などの特別感溢れる発言が多いと、お世辞なのか本心なのか迷わせてしまうかもしれません。

「~さんだけが、頼りです! などと言う」(30代・大分県)
「特別扱いする」(30代・広島県)
「かっこいいねとか相手を立てる」(30代・大阪府)
「やたらほめる」(30代・千葉県)

【3】積極的に恋愛話をしてくる

恋愛対象じゃない間柄の人から、恋愛について質問されると少し意識してしまう男性も多いようです。

「自分が恋愛対象に含まれているから、恋愛の話をしてくるのだろう」と思わせることになってしまいます。そのつもりがないようならば、自分には恋人がいるなどと前置きをしておくと回避できそう。

「好きなタイプを聞かれた時にその人の特徴を話す」(30代・東京都)
「恋愛関連の話を振る」(30代・千葉県)
「恋人がいるか聞く」(20代・愛知県)

【4】女性らしさをアピール

好きではないけど、チヤホヤされたいという思考の女性もいると思います。女性らしさをアピールされると正直、本気なのか思わせぶりなのか判断が難しいところ。

相手の普段からの立ち位置やキャラクターから、心理を読み取る方法が1番信頼度が高いのかもしれません。

「かわいかぶる。か弱い感じ」(20代・愛知県)
「胸を強調する服を着ること」(20代・長野県)
「悩みを打ち明ける」(30代・千葉県)
「見つめる。上目遣い」(30代・新潟県)

【5】過剰なボディタッチ

軽めのボディタッチなら好意を示すスキンシップとして使うことがあると思います。

ですが、手を絡めてきたり、座っている足に手を置いてきたり、普段恋人にするような過剰なボディタッチをすると相手を勘違いさせてしまうかも。飲み会の席は、お酒の力もあり無意識にこのような行為をしてしまう場合もあるので要注意!

「スキンシップが多い」(30代・東京都)
「ボディタッチをする。見つめる」(30代・兵庫県)
「過剰なスキンシップ」(20代・長野県)
「ボディタッチ多め、よく目が合う」(30代・愛知県)

【6】距離が近い

特にふたりでいるタイミングになると、急に距離を縮めてきたり、目をずっと見つめるなど、いかにも好意があるような行動をされると男性も「俺に気があるのでは」と勘違いしてしまってもおかしくありません。

悪気なくこのようなアクションをとってしまう場合もあるかもしれませんが、周りの様子も見て勘違いさせないように空気を読むことも大切。

「距離が近い」(20代・奈良県)
「例えば、飲み会をしている時等に。自然と隣に行くようにする」(30代・徳島県)
「視界に入ろうとする」(20代・福岡県)
「必要以上に近付く」(20代・東京都)

最後に

女性とひとくくりにしても、それぞれのアプローチ方法があるので「これが絶対」と言い切れるものはありません。

どのタイプに属するのかを判断して、実際の気持ちを読み解くのが恋愛における成功の秘訣。見極めは難しいですが、普段からの小さなアピールを見落とさないで、女性心を理解してくれる男性は好印象ですよね。

鈍感な男性に対しては、女性側から積極的にアピールしたり、まめに連絡をとって気持ちに気付いたりしてもらえるようなアクションをおこなうことも大切。

後悔しない恋愛ができるように、自然体な自分をの気持ちを大切にしてくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加