韓国 防疫措置見直し 飲食店の営業制限など緩和へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11

韓国政府は7月から新型コロナの防疫措置を見直します。ソウルなど首都圏では飲食店などの営業時間が午前0時までに緩和される見込みです。

韓国政府は、新規感染者を連日500人から600人前後に抑え込んでいることや国民の約2割が1回目のワクチン接種を終えたことなどを受け、7月から防疫措置を見直します。

ソウルなど首都圏では午後10時までに制限されている飲食店などの営業時間が午前0時までに緩和される見込みです。

韓国ではワクチン確保の遅れが指摘されていたものの、ITとマイナンバーを活用した効率的な予約システムに後押しされ、今月10日には一次接種を終えた人が1000万人を超えました。

韓国 前検事総長を職権乱用の疑いで捜査着手

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加