「父親と喧嘩した」61歳の父親の胸などを包丁で刺し、死亡させる...自ら通報の無職の息子、その場で逮捕 北海道深川市

「父親と喧嘩した」61歳の父親の胸などを包丁で刺し、死亡させる...自ら通報の無職の息子、その場で逮捕 北海道深川市

  • HBCニュース
  • 更新日:2022/08/16
No image

動画は元記事でご覧いただけます

6日未明、北海道深川市で、61歳の父親の胸などを包丁で刺した殺人未遂の疑いで、27歳の息子が逮捕されました。

逮捕された深川市あけぼの町の無職、工藤正嗣(まさし)容疑者は6日午前1時まえ、自宅で同居している父親の工藤隆俊(たかとし)さん61歳の胸など、数か所を包丁で突き刺した殺人未遂の疑いが持たれています。
隆俊さんは病院に運ばれましたが、死亡しました。

近くの住人
「おととしの4月に(引っ越して)来た。(工藤容疑者は)道路通っても、向こうから挨拶してくるから、おはようございます、こんにちはって」

工藤正嗣容疑者は犯行後「父親とけんかした」と自ら消防に通報していました。
調べに対し、工藤正嗣容疑者は容疑を認めているということで、警察は動機などについて詳しく調べています。

8月6日(土)午前11時45分~「JNNニュース」

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加