「iPhone 12 mini」に買い替え検討中の人必読!今使っている「iPhone SE」の買い取り価格ってどのくらい?

「iPhone 12 mini」に買い替え検討中の人必読!今使っている「iPhone SE」の買い取り価格ってどのくらい?

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/17
No image

iPhone 12と同時に発表されたiPhone 12 mini。発売は11月だが、5Gにも対応するとあって、iPhone SEユーザーにとっても気になるモデルだろう。

そこで、iPhone SEを買い取りに出そうか?と考えている人のために、通信キャリアやアップルの買い取り価格、中古スマホ販売会社の状況などをまとめてみた。

まずは、通信キャリアを代表して、ドコモを例にiPhone SEの買い取り状況を確認してみたい。

ドコモのiPhone SE買い取りサービス、「下取りプログラム」とは?

「下取りプログラムとは、iPhone SEの下取り申込みをして預けると、携帯電話機などの購入代金を割引くサービス。

No image

【参考】下取りプログラム|NTTドコモ

ドコモのiPhone SEだけではなく、他社で販売されたiPhone SEも対象になるが、以下の条件を満たす必要がある。

ドコモのiPhone SEの買い取りの場合

下取りの申込みをする自回線の機種購入履歴に、iPhone SEがきちんと登録されていて、不備や不正、機種購入代金の未払いがないこと。

他社のiPhone SEの買い取りの場合

1.正規店で買ったiPhone SEであること。

2.新規契約(MNP含む)と同時に、ドコモのiPhone、iPad、スマホやタブレット、ドコモのケータイを購入し、iPhone SEの下取り申込みをすること。

3.iPhone SEにネットワーク利用制限がかかっていないこと。

4.iPhone SEの基盤が破裂、機種が判別不可でないこと。またiPhone SE本体の一部部品のみではないこと。

5.iPhone SEに記録されているメモリやデータが消去されていること。

6.iPhone SEが改造されていないこと

7.iPhone SEの所有権を本人が持っていること

8.iPhone SEのアクティベーションロックを含む、各種ロックが解除できること

買い取りの前に、データのバックアップを実施する

以上の条件を満たしたiPhone SEは下取りの対象になる。念のためデータのバックアップをしておこう。

No image

【参考】iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法|アップル

ドコモの「下取りプログラム」を使ったiPhone SEの買い取り価格

iPhone SEには2世代のモデルが存在する。

2016年3月22日に発表された、「iPhone SE(第1世代)」と、2020年4月15日に発表された、最新のiPhone、「iPhone SE(第2世代)」だ。

No image

iPhone SE(第1世代)

No image

iPhone SE(第2世代)

ドコモの公式サイトで下取り価格を明記しているのは、iPhone SE(第1世代)。

店頭/郵送での下取り価格(税込)の例は以下の通り。

ドコモが販売した「iPhone SE(第1世代)」の良品、買い取り価格例

・16GBモデル/3500円
・32GBモデル/4500円
・64GBモデル/5500円
・128GBモデル/7000円

ドコモが販売した「iPhone SE(第1世代)」の画面割れ品、買い取り価格例

・16GBモデル/1100円
・32GBモデル/1400円
・64GBモデル/1700円
・128GBモデル/2100円

ドコモが販売した「iPhone SE(第1世代)」の機能不良品、買い取り価格例

・16GBモデル/100円
・32GBモデル/100円
・64GBモデル/100円
・128GBモデル/100円

au/SoftBankが販売した「iPhone SE(第1世代)」の良品、買い取り価格例

・16GBモデル/2500円
・32GBモデル/4000円
・64GBモデル/5000円
・128GBモデル/7000円

au/SoftBankが販売した「iPhone SE(第1世代)」の画面割れ品、買い取り価格例

・16GBモデル/800円
・32GBモデル/1200円
・64GBモデル/1500円
・128GBモデル/2100円

au/SoftBankが販売した「iPhone SE(第1世代)」の機能不良品、買い取り価格例

・16GBモデル/100円
・32GBモデル/100円
・64GBモデル/100円
・128GBモデル/100円

auの「下取りプログラム」とは?

auも、適用条件を満たし、機種変更でiPhoneやauのスマートフォン、auのケータイまたはauタブレットを購入すれば、iPhone SEの下取りが可能だ。

No image

特典(下取り価格)はPontaポイント(法人契約の場合はauポイント)加算となり、機種変更の本体価格の割引以外にも利用できる。

下取り対象機種は、KDDI(au含む)に登録され、3か月(91日目)以上使ったiPhone SEとなる。電源が入らない、製造番号が確認できないといったiPhone SEは対象外となるので、詳しくは以下のauの公式ホームページを確認したい。

【参考】iPhone:下取りプログラム|au

auの「下取りプログラム」で「iPhone SE」の買い取り価格はいくら?

それでは、auのiPhone SEの下取り価格(ポイント)をチェックしてみよう。こちらも、ドコモと同じく、公式サイトで「iPhone SE(第1世代)」の税込下取り価格(ポイント)の例を公表している。

「iPhone SE(第1世代)」の通常品、auでの買い取り価格(ポイント)例

・16GBモデル/3300円相当(3300ポイント)
・32GBモデル/3850円相当(3850ポイント)
・64GBモデル/4400円相当(4400ポイント)
・128GBモデル/4950円相当(4950ポイント)

「iPhone SE(第1世代)」の画面割れ品、auでの買い取り価格(ポイント)例

・16GBモデル/550円相当(550ポイント)
・32GBモデル/550円相当(550ポイント)
・64GBモデル/550円相当(550ポイント)
・128GBモデル/550円相当(550ポイント)

SoftBankの「下取りプログラム」とは?

iPhoneを機種変更で購入、もしくは乗り換え(MNP)で購入する場合に利用できるサービス。下取りするiPhone SEの状態に応じて、特典(PayPayボーナスまたは購入機種代金値引き)が付与されるもの。

No image

※画像はイメージです。iPhone SEではありません

【参考】あなたのiPhone下取り額を今すぐチェックしてみませんか。

SoftBankの「下取りプログラム」で「iPhone SE」の買い取り価格はいくら?

では、SoftBank特典金額の例を見ていこう。以下はPayPayボーナスを選んだ場合の例で、下取り対象のiPhone SEが破損しているとSoftBankが判断した場合、特典金額が減額となる。また、機種によってPayPayボーナスと購入機種代金値引きの特典金額が異なる場合がある。

SoftBankもほかの通信キャリアと同様、「iPhone SE(第1世代)」の下取り価格が明記されている。ただし、ストレージ容量による金額差は示されていないので、あくまで参考例として確認いただきたい。

「iPhone SE(第1世代)」の正常品、SoftBankで機種変更する場合の買い取り価格例

・3600円相当

「iPhone SE(第1世代)」の破損品、SoftBankで機種変更する場合の買い取り価格例

・1080円相当

「iPhone SE(第1世代)」の正常品、SoftBankでのりかえ(MNP)する場合の買い取り価格例

・3600円相当

「iPhone SE(第1世代)」の破損品、SoftBankでのりかえ(MNP)する場合の買い取り価格例

・1080円相当

アップルでもiPhone SEは買い取りするの?

アップルでは、新しいデバイスを購入する際に、対象となる端末をオンライン、もしくはApple Storeで下取りに出すと、新しいデバイスの購入価格から下取り額分が割引されるサービスを行っている。

【参考】iPhone - 下取り -|アップル

下取り相当額はApple Storeギフトカードで受け取り、好きな時に使うことも可能だ。

アップルの買い取り価格はいくら?

アップルの公式ホームページでは、「iPhone SE(第1世代)」の下取り価格の例が表示されている。

価格は5000円。こちらは程度や条件により左右され、お持ちのiPhone SEが下取り対象外になることもあるので、あくまで参考価格としていただきたい。

中古スマホ販売ショップの買い取り価格は? 「iPhone SE(第2世代)」の買い取り価格はいくら?

ここまで、大手通信キャリア3社とアップルでの下取り状況を見てきた。残念ながら「iPhone SE(第2世代)」の下取り価格が各社公表していない。そこで、参考までに大手中古スマホ販売ショップのiPhone SEの買い取り価格もチェックしてみた。

No image

こちらの買い取り価格も、程度や履歴により大きく変わるのであくまで参考例としていただければ幸いだ。

「iPhone SE(第1世代)」の大手中古スマホ販売ショップ買い取り価格例

・16GBモデル/中古買い取り価格3000〜7000円・未使用品買い取り価格1万1000円(キャリアモデル/SIMフリー版含む)

・32GBモデル/中古買い取り価格4000〜8000円・未使用品買い取り価格1万2000円(キャリアモデル/SIMフリー版含む)

・64GBモデル/中古買い取り価格5000〜9000円・未使用品買い取り価格1万3000円(キャリアモデル/SIMフリー版含む)

・128GBモデル/中古買い取り価格7000〜1万1000円・未使用品買い取り価格1万5000円(キャリアモデル/SIMフリー版含む)

「iPhone SE(第2世代)」の大手中古スマホ販売ショップ買い取り価格例

No image

・64GBモデル/中古買い取り価格2万3000〜3万1000円・未使用品買い取り価格3万6000円(キャリアモデル/SIMフリー版含む)

・128GBモデル/中古買い取り価格2万7000〜3万6000円・未使用品買い取り価格4万円(キャリアモデル/SIMフリー版含む)

・256GBモデル/中古買い取り価格3万3000〜4万3000円・未使用品買い取り価格4万8000円(キャリアモデル/SIMフリー版含む)

※データは2020年9月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加