「歴史に残るワンプレー」 巨人・吉川尚、M38点灯導いた横っ飛びキャッチにファン大熱狂

「歴史に残るワンプレー」 巨人・吉川尚、M38点灯導いた横っ飛びキャッチにファン大熱狂

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/15
No image

巨人・吉川尚輝【写真:Getty Images】

9回1死一、二塁の窮地で二遊間の打球に飛びつき二塁封殺に

■巨人 6-3 阪神(15日・東京ドーム)

巨人の吉川尚輝内野手が、思わず息をのむ圧巻のプレーで優勝マジック「38」の点灯に一役買った。15日、本拠地・東京ドームでの阪神戦。最終回のピンチで、抜ければ流れが変わりかねない二遊間の打球を好捕。ファンからは絶賛の声が相次いだ。

「8番・二塁」でスタメンの吉川尚。6回の守備から坂本が退いたことでいったんは遊撃に回ったが、9回に再び二塁に。3点リードで迎えた最終回は、守護神のデラロサが単打と四球で1死一、二塁の窮地を招いた。

一打出れば不穏な空気が漂ってもおかしくない中、この日2本塁打を含む3安打と大当たりの近本が打席に。痛烈な打球が二遊間を襲い、外野へと抜けるかと思われたが、吉川尚は倒れ込みながら横っ飛びでキャッチ。仰向けの状態で遊撃の増田大にトスし、ひとつのアウトを奪った。最後はデラロサが梅野を見逃し三振に仕留め、優勝へのカウトダウンが始まった。

DAZNの公式ツイッターは、チームを救った超絶プレーを動画で公開。ファンは「マジでこれ叫んだ」「ホントに超ファインプレーだね」「メジャー級セカンド、吉川尚輝」と大熱狂。阪神にとっては自力優勝が消滅した敗戦でもあっただけに「これされると流石に阪神に勝ち目無いな」「悔しいけど歴史に残るワンプレーやん」との声もあった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加