楽天でまた“珍プレー”浅村の打球が中堅フェンス最上部に当たる二塁打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04

「ソフトバンク-楽天」(3日、ペイペイドーム)

楽天の試合でまたしても“珍プレー”が起きた。

1-3の五回2死一、三塁で打席には浅村。初球を捉えた打球は高々と舞い上がり、中堅左のフェンス最上部、オレンジ色の部分に当たって打球がグラウンドに跳ね返った。

ホームランか二塁打かで場内は騒然。石井監督が手を挙げながらアピールする中で、審判団が集まってリプレー検証を行うことに。結果的に「フェンストップに跳ね返っていたため、インプレーとして、走者二塁で再開いたします」とアナウンスされた。浅村の打球は同点の適時二塁打となった。

楽天の試合では1日・ロッテ戦でも左翼ファウルゾーンのフェンス際の打球をファンが妨害したとして、左邪飛に。2日の同戦では左翼フェンスへの打球がフェンスの縁に挟まってボールデッドとなり、二塁打となる珍事が起きていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加