大雪で名神50kmの大渋滞 「延期しない荷主最低」怨嗟の声も 東西の物流動脈寸断、続く高速通行止め

大雪で名神50kmの大渋滞 「延期しない荷主最低」怨嗟の声も 東西の物流動脈寸断、続く高速通行止め

  • くるまのニュース
  • 更新日:2023/01/25

新名神・山陽・中国・九州道などで通行止め続く

日本上空の強い寒波の影響で、各地の高速道路は通行止めが続いています。

No image

名神・瀬田西IC付近の状況(画像:NEXCO西日本)

25日14時半現在、高速道路や有料道路で通行止めが多いのは、近畿・中国・九州地方です。

【画像】西日本の通行止めの状況と、雪への備え写真を見る(27枚)

近畿地方では、第二京阪や京都縦貫道、さらに新名神・名神・京奈和道・阪和道・紀勢道などでも一部区間で不通が続いています。

名阪国道も通行止めになっているため、現時点で名阪間を走る場合は名神が唯一のルートとして機能していますが、それでも下りは一宮IC→米原JCT間のみが現在も通行止めです。

名神では、このような状況からクルマが集中し、25日朝には上下線ともに一時50km近くにもおよぶ激しい渋滞に。14時半現在も京都へ向かう下り線で合わせて40km近い渋滞が続いています。

近畿から中国地方にかけては、山陽道が三木小野IC~山陽IC間で、中国道は福崎IC~庄原IC間や戸河内IC~徳地IC間などでそれぞれ通行止めとなっており、近畿・中国・九州を東西に結ぶ動脈が寸断しています。

南北を結ぶ播磨道・岡山道・鳥取道・米子道・松江道も軒並み不通です。

九州地方も、昨日から長い区間で通行止めが続いています。

九州道は八代IC~えびのIC間が再開していますが、それ以外のほぼ全線がストップ。鳥栖JCTから東西に延びる長崎道と大分道、そして東九州道や西九州道・宮崎道・南九州道も多くの区間で通れない状況が続いています。

東北地方では、東北道の白河IC~矢吹IC間や山形道の宮城川崎IC~笹谷IC間などが通行止め。

北海道では、札樽道と後志道、道央道、道東道の一部区間が通行止めです。

一方で、24日から通行止めとなっていた北陸道や上信越道、舞鶴若狭道などは通行止めが解除されています。

ただし雪に見舞われている区間の多くは、冬用タイヤや速度などの規制が現在も続いています。

こうした混乱を受けてSNSでは「物流が止まっているので仕事になりません」「物流滞ってるね、仕方ない」といった声が。

また、「延期しない荷主最低」「荷主が変わらない限りトラックの負担は減らないな」など、悪天候や物流網の混乱が予測できても予定が変わらない物流の現場への怨嗟(えんさ)や諦観とも受け取れる投稿もありました。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加