吉柳咲良 ピーター・パンを今年で卒業 演出からプレッシャーかけられる「榊原郁恵を超えろ」

吉柳咲良 ピーター・パンを今年で卒業 演出からプレッシャーかけられる「榊原郁恵を超えろ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24
No image

ピーター・パンの役衣装で登場した吉柳咲良=都内

女優の吉柳咲良(18)が23日、都内で、ミュージカル「ピーター・パン」(7月23日~8月2日、東京国際フォーラムホールC)の製作発表に出席。13歳から演じ、今年で卒業するピーター・パン役への思いを語った。

1981年に榊原郁恵が初代ピーター・パンを演じ、42年目の公演を迎えるミュージカル。演出の森新太郎氏は「吉柳に郁恵さんを超えろと言いたい。心軽やかにネバーランドに連れて行ってくれるはず」と期待した。

森氏にプレッシャーをかけられた吉柳は、5度目でラストとなるピーター・パン役に「最後という感じはしてないけど、どこか集大成という思い。誰よりもアホなピーター・パンを演じたい」と天真爛漫に意気込んだ。

同作とともに過ごした13~18歳までの青春時代を「憎らしくなる時もある。みんなが夏に祭りとか海を楽しんでいる間、私はずっと空を飛んでいた。でも私にしかできない青春だと思う」と経験に感謝した。

会見では、ウェンディ役を務めるAKB48の岡部麟(25)と劇中曲「ネバーランド」「飛んでる」の2曲を高らかに歌唱した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加