オリックス・能見が移籍後初セーブ!しびれる展開、1点差を守り切る

オリックス・能見が移籍後初セーブ!しびれる展開、1点差を守り切る

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03
No image

9回に登板した能見(撮影・坂部計介)

「オリックス5-4ソフトバンク」(2日、京セラドーム大阪)

オリックス・能見が1点差を守り切り、移籍後初セーブを挙げた。

七回、八回に2点ずつを返されて1点差。厳しい展開となったが、ベテラン能見が九回のマウンドへ。先頭に安打を許して得点圏に走者を背負ったが無失点でしのぎ、捕手の伏見と抱き合った。守護神不在の苦しいチーム事情のなか、しびれる場面でベテランが救った。

打線は0-0の五回、1死一塁から宗の2号2ランで先制。六回にはモヤの3号2ラン、伏見の1号の一発攻勢で3点を追加した。

ソフトバンクは七回に甲斐の適時二塁打、真砂の犠飛で2点をかえした。八回はグラシアルの5号2ランで1点差に迫ったが、1点届かなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加