星野源、バナナマンの第一印象を明かす「すごい怖かった」「一言も喋ってくれない」

星野源、バナナマンの第一印象を明かす「すごい怖かった」「一言も喋ってくれない」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2022/05/15
No image

星野源【写真:竹内みちまろ】

もっと画像を見る

星野源が、13日放送の『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)に生出演。バナナマン日村勇紀の誕生日を祝福するとともに、2人の第一印象を明かした。

佐野ひなこのデビュー10周年記念写真集が書泉月間売上1位に!

毎年番組に登場しては、日村のためにオリジナルのバースデーソングを披露している星野。14日にちょうど50歳の誕生日を迎えた彼に「おめでとうございます!」と、お祝いにやってきた。

話題は自然と、バナナマンと初めて会ったときの思い出について。親交を深めるきっかけとなったのは、ドラマ『アキハバラ@DEEP』(TBS系)での共演だが、それ以前にも星野は、バナナマンのラジオ『WANTED!火曜日バナナマン』(TOKYO FM)に一度ゲスト出演していたという。

それが彼らの初対面だったようだが、星野は「その頃から比べると本当に日村さん、優しくなったなぁっていうか。何か、すごい怖かった印象があるんですよ」と吐露。設楽統が「日村さんが?」と驚くと、星野は「2人ともなんですけど」と、さらり。これに設楽は「えっ、俺も!?」とびっくり。

星野は「ドラマの現場でお会いしたときは、ドラマモードというか、みんなと仲良くしようとしてくれる感じがあった」としながら、「ラジオの現場は2人の芸人としての場所なので、(僕が)ブースの中に入るじゃないですか。一言も喋ってくれなかった」と振り返った。

バナナマンの2人は全く記憶にないようで、「ウソだ!」「一言も喋らないの?呼んどいて?」と驚愕。星野は続けて「(本番が)始まったら『いや、どうも源くん!』って言って、めっちゃ怖ぇーじゃん!」と、そのギャップに戦慄が走ったと語った。ただ、その後のドラマ共演で、怖かった第一印象は払拭されたそう。

星野に少し冷たい態度をとっていた理由について設楽が「かっこつけてたか……」と推測。日村「それはなきにしもあらず。スカしちゃってる感じもあったかもしれない」と笑っていた。

横浜流星、父に「俺の女泣かすんじゃねえ」と馬乗りでボコられた

京都の中の台湾、台湾の中の京都...『世界ふしぎ発見!』

小栗旬、後輩の田中圭に「事務所出てけ!」

杉山実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加