東山紀之、近藤真彦自粛に「結論出すのが遅かった」

東山紀之、近藤真彦自粛に「結論出すのが遅かった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/23
No image

ジャニーズ事務所(2019年7月18日撮影)

東山紀之(54)が22日、司会を務めるテレビ朝日系情報番組「サンデーLIVE!!」(日曜午前5時50分)に生出演し、12日発売の「週刊文春」で、5年前に知り合った25歳下の会社社長女性との不倫を報じられた近藤真彦(56)について言及した。

東山は今回の報道について「事務所の対応がね。近藤真彦さんの結論をちょっと出すのが遅かったですね。なので僕らもどう対応していいのかわからなかったです」とコメントした。

近藤は自身の不倫報道を認め、ジャニーズ事務所から無期限の芸能活動自粛処分を受け「皆様の信頼を回復できるよう、自分を見つめ直し精進いたします」などとコメントを発表していた。後輩に示しをつける立場の同事務所“長男”のケジメとして、芸能活動だけでなくレース業の自粛も自ら申し出ていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加