張本・早田がフルゲームの末に宇田・芝田を下す!日本ペア対決を制して3回戦進出【世界卓球2021】

張本・早田がフルゲームの末に宇田・芝田を下す!日本ペア対決を制して3回戦進出【世界卓球2021】

  • テレビ東京卓球NEWS
  • 更新日:2021/11/26
No image

「世界卓球2021ヒューストン」<11月23~29日/アメリカ・ヒューストン> 大会3日目の25日、混合ダブルス2回戦で張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが、宇田幸矢(明治大学)/芝田沙季(ミキハウス)ペアをゲームカウント3-2で下し、3回戦に進出した。

2回戦にして早くも日本勢の同士打ち。張本・早田は東京五輪金メダルの水谷隼・伊藤美誠にも勝利した強豪ペアで、そこに宇田・芝田ペアがどこまで迫れるかが注目された。

しかし序盤から宇田・芝田が波状攻撃。宇田得意のチキータもさく裂し、1ゲーム目は11-4で宇田・芝田が取る。

No image

2ゲーム目は早田が積極的にチキータで攻める姿勢を見せ、張本にもエンジンがかかって攻勢に転じ、最後も早田の3球目フォアドライブで11-5と取り返してゲームカウント1-1に。

第3ゲームは宇田・芝田が4-0とし、すぐさま張本・早田が4-4に追いつくが、宇田・芝田は6連続ポイントで10-4に。そのまま11-7で取り2-1とする。

後がない張本・早田は4ゲーム目、序盤から声を出して気持ちを盛り立てつつ4-0に。その後も張本が攻守に躍動し、11-6で奪い返す。

No image

最終第5ゲーム、思い切りよく両ハンドを振り回す張本・早田と、ときおりハーフロングの球でミスをさせる宇田・芝田。5-5まで競り合う。

しかしここから張本が下回転サーブで2本エースを取るなど、張本・早田が抜け出す。最後は早田のフォアフリックが決まって11-5で奪取した。

宇田・芝田のがんばりに苦戦した"はりひな"こと張本・早田ペアだったが、最後はその実力を見せつけて勝ちきった。

【世界卓球2021ヒューストン】
<混合ダブルス2回戦>
張本智和/早田ひな 3ー2 宇田幸矢/芝田沙季
4-11/11-5/7-11/11-6/11-5

■世界卓球2021 各種目日程・結果速報

■世界卓球2021ヒューストン トーナメント表

男子シングルスドロー Men's Singles Draw

女子シングルスドロー Women's Singles Draw

男子ダブルスドロー Men's Doubles Draw

女子ダブルスドロー Women's Doubles Draw

混合ダブルスドロー Mixed Doubles Draw

テレビ東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加