「家からちょっと離れた店でやった」コンビニ強盗

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/21

東京・台東区のコンビニ店で包丁で脅して現金を奪おうとしたとして、58歳の男が逮捕されました。「近くのコンビニは顔なじみなので、ちょっと離れた方でやった」と供述しているということです。

職業不詳の佐々木忠夫容疑者は19日、台東区千束のコンビニ店で男性店員を包丁で脅し、現金を奪おうとした疑いが持たれています。

警視庁によりますと、佐々木容疑者は店に入ると、レジにいた店員に「おい、おい」と声を掛けて包丁を見せました。

店員は驚いて店の外に逃げ、佐々木容疑者も現場から立ち去ったということです。

佐々木容疑者の自宅は現場から約150メートルの場所にあり、取り調べに対して「近くのコンビニは顔なじみだったので、ちょっと離れた方でやった」と容疑を認めています。

全国各地で危険な暑さ“熱中症”都内で93人が搬送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加