【甲子園】斎藤佑樹氏が始球式 左打者内角に速球投げ込み拍手受ける

【甲子園】斎藤佑樹氏が始球式 左打者内角に速球投げ込み拍手受ける

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

第104回全国高校野球選手権の開幕戦で始球式を行う斎藤佑樹氏(撮影・宮地輝)

<全国高校野球選手権:日大三島-国学院栃木>◇6日◇1回戦◇甲子園

早実(東京)で06年夏の甲子園を制し、日本ハムで活躍した斎藤佑樹氏(34)が大会の始球式を務めた。

大歓声とともにマウンドに上がり、左打者の内角に力強い速球を投げ込むと拍手を受けた。

捕手の武田歩大(3年)にボールを手渡されると、両手をぐっと握る「頑張って」のジェスチャー。駆け寄ってあいさつに来た打者の京井聖奈内野手(3年)にも同様のエールを送った。

甲子園の大先輩の行動に、場内から再び大きな拍手が起きた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加