入江聖奈、オードリー若林に会いたかった理由は“サイコパスエピソード”「想像以上にやばくて」

入江聖奈、オードリー若林に会いたかった理由は“サイコパスエピソード”「想像以上にやばくて」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

入江聖奈

東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダルの入江聖奈(21)=日体大=が、13日放送のテレビ東京系「あちこちオードリー」(水曜後11・06)に出演。自身の公式プロフィールで「一度会ってみたい憧れの人」にお笑いコンビ、オードリーの若林正恭(43)の名前を挙げている理由を明かした。

若林のことが「憧れ」より「気になっている」という入江は、その理由について「YouTube見てたら若林さんの『サイコパスエピソード10選』っていうのがあった。なんだろうって見たら、想像以上にやばくて」と説明。学生時代の若林が授業中に相方・春日俊彰(42)の髪を切った話や車に乗って春日を轢いたエピソードを挙げた。

これに若林は、中学2年生のときに髪の毛を切るフリをしていたら、春日が「やってみなさい。ワカメちゃんまでいってみろよ!」と煽ってきたため、「2学期の真ん中までかけてワカメちゃんにした」と説明。

車で轢いた話についても、19歳で免許を取った際に「免許取ったけど、車怖いよな」という話をしていたら春日が「俺はどんなことがあっても死なないから怖くない。轢かれても絶対死なない」と豪語したため、「次の日に春日のバイト帰りに、帰り道の駐車場で車で待機して、轢いたんです」と語った。

「春日が当たる寸前でジャンプしてフロントボディを転がって、ガラスにビターンってなってピースした。ワイパーかけてやった」と振り返り、「そういうことがあったんですよ」と補足したつもりだった若林だが、入江は「どっちもぶっ飛んでる」と言い放っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加