「占い好きは詐欺師に狙われる」無料占いサイトの登録情報が“カモリスト”として出回ることも

「占い好きは詐欺師に狙われる」無料占いサイトの登録情報が“カモリスト”として出回ることも

  • マネーポストWEB
  • 更新日:2022/08/06
No image

わずかな個人情報でも犯罪に悪用される可能性が(イメージ)

検索履歴、閲覧履歴、位置情報、サイト滞在時間、「いいね」など、ネット上での行動はその多くが記録され、ビッグデータとして蓄積される。

【図解】個人情報を守るため、スマホの設定でCookieをあらかじめブロックすることも可能

ビッグデータを重視する「監視資本主義」はしばしば、人間を置き去りにしてしまう。ビッグデータ活用における大きな問題は「企業が正義を守るとは限らない」ということだ。すでにネット上では、詐欺目的でつくられたサイトも跋扈している。初めから個人情報を盗むためのサイトさえあるほどだ。

「ネットショッピングはリスクと引き換えだ」と語るのは、元警察官で日本刑事技術協会理事の森雅人さんだ。

「ネットショッピングをするなら、せめてAmazonや楽天など、ある程度大手の国内サイトや、ブランドやメーカーの公式オンラインショップなどを利用した方がいい。一方で、Googleなどの検索エンジンで商品名を検索し、その過程で見つけたサイトの中には、詐欺サイトも交ざっています。粗悪品を売りつけられる可能性があるだけでなく、住所やクレジットカード情報を抜き取られる恐れもある」

森さんによれば、こうした詐欺に引っかかる傾向が高いのが「占い好き」な人。占いサイトは多くが無料登録制で、登録時に入力したデータが「カモリスト」として出回ることがあるという。

「われわれの経験則では、占い好きな人は、詐欺集団から“簡単に人を信じやすい”と見なされ、目をつけられることが多いのです。商品の代金やサイトの利用料金の支払いの際にクレジットカードを登録すると、やはり大きな被害につながりやすい。たとえクリーンな企業やサイトでも、ハッキングによって情報を抜き取られるリスクはゼロではありません。カード情報は、サイト上には登録しないように」(森さん・以下同)

TwitterやInstagramといったSNSは、一度ログインすれば、二度目からはIDやパスワードの入力をせずとも利用できる。これは「Cookie」という閲覧記録システムによるものだ。ユーザーのログイン情報を保存しておくことで、その人が再び同じSNSやサイトを訪れたときに、再ログインする手間を省くことができる。

だが、ネット上でCookieを使用され続けるということは「このユーザーは何度もこのサイトを閲覧している(このサイトの内容に強い関心がある)」と分析されるということ。記録されること自体に危険性はないが、悪用される恐れは充分にある。

「ネットカフェなどでCookieの使用許可を出したままネットショッピングなどをすると、次の利用者にその記録を悪用され、入力したカード情報を不正利用されるケースもある。私は、Cookieの使用に許可を与えないようにしています。スマホだと、すべてのサイトでCookieの使用をブロックする設定ができる。また、仮に使用に合意しても、Cookieの記録は消すことができます」

単純な閲覧履歴やネット上の投稿も、集合知になれば簡単に、住所・氏名などを割り出すことができてしまう。実際に、Facebookの複数枚の写真の背景から自宅が割り出され、「いまハワイにいます」と書き込んだことで不在がバレて、空き巣に遭った例がある。

SNSでのリアルタイム投稿は避け、「ハワイに行ってきました」など、時間差をつけて投稿するようにすべきだ。

「わずかな情報の断片を集めて個人情報を割り出すのは『モザイクアプローチ』といわれ、これによるストーカー被害も起きています。不用意なSNS投稿は、部屋着で出歩いているようなもの。ネットに打ち込んだことは、すべて漏れていることを忘れないでほしい」

文/角山祥道 取材/進藤大郎、土屋秀太郎、平田淳

※女性セブン2022年8月11日号

マネーポストWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加