【ジャンプ】小林陵侑がビッグジャンプで今季ラージヒル初戦V 師匠葛西紀明「怪物です」

【ジャンプ】小林陵侑がビッグジャンプで今季ラージヒル初戦V 師匠葛西紀明「怪物です」

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

優勝し観客に手を振って応える小林陵(撮影・佐藤翔太)

<ノルディックスキー:札幌市長杯大倉山サマージャンプ>◇6日◇札幌市大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)

北京五輪金メダルの小林陵侑(25=土屋ホーム)が今季ラージヒル初戦を制した。1回目に最長不倒の132メートル、2回目130メートル。スタート位置を全選手より2段(1メートル)下げても、唯一130メートル台を2回そろえる強さだった。前日5日の札幌市長杯宮の森サマージャンプからの2日連続優勝。だが「久しぶりのラージヒル。難しかったですね」と満足する様子はなかった。

約1300人が集まった来場者の注目を、一身に集めた。金メダリストの大飛躍に歓声が上がった。常にジャンプ人気の向上を目指し、たくさんの来場を願う。「うれしいっすね」と歓迎した。

所属先の師匠で5位だった葛西紀明(50)からは「怪物です」と最大級の褒め言葉をもらった。7日チャレンジ杯大倉山サマージャンプにも出場予定。夏の札幌3連戦は「怪物」がビッグジャンプを披露し続けることになりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加