これがラスト文体!ノアが5か月越しの横浜文体大会開催決定

これがラスト文体!ノアが5か月越しの横浜文体大会開催決定

  • リアルライブ
  • 更新日:2020/06/30
No image

横浜文化体育館

プロレスリング・ノアは8月の主要大会を発表した。8月はノアにとって旗揚げをした記念月で、今年で20周年(2000年8月5日に旗揚げ)を迎えるだけに注目されていたが、8.10神奈川・横浜文化体育館でのビッグマッチが決定している。

『NOAH the SPIRIT 2020』
8月2日 東京・新木場1stRING
『DEPARTURE 2020 day1』
8月4日 東京・後楽園ホール
『DEPARTURE 2020 day2』
8月5日 東京・後楽園ホール
『PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.3』
8月10日 神奈川・横浜文化体育館

▼以降の8月大会
8月20日 東京・後楽園ホール
8月22日 東京・新木場1st RING(昼)
8月22日 東京・新木場1st RING(夜)
8月30日 神奈川・カルッツかわさき

ノアは3月8日に横浜文体大会の開催を発表していたが、新型コロナウイルスの影響により、大会を延期(その後、中止を発表)していた。数々のプロレス大会が開催されていた同体育館は、今年の9月6日に閉館が予定されており、58年間の歴史に幕を閉じることになる。よって、ノアにとってはこれが“ラスト文体”になるのは確実だ。最後を飾るに相応しいビッグマッチになることを期待したい。

なお、11月22日に20周年記念イヤーの集大成として、2年連続の進出が発表されていた東京・両国国技館大会は、「現段階で開催は困難」として、開催を見合わせることとなった。観客の安全確保などを考慮した上で、こうした早めの決断は評価されるべきだろう。

(どら増田)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加