大関陥落の正代、取組後は無言で帰路に... 来年初場所10勝で復帰目指す

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25

◆大相撲 ▽九州場所13日目(25日・福岡国際センター)

大関・正代(時津風)が、自身5度目のカド番で迎えていた九州場所で負け越した。小結・玉鷲(片男波)に押し出されて8敗目。取組後は、無言で会場を引き揚げた。

今場所は中日までに4勝4敗としていたが、9日目からは1勝4敗と負けが込んだ。熊本出身の大関はご当所場所に意気込んでいたが、10勝以上で大関復帰できる来年初場所(1月8日初日、東京・両国国技館)で再起をかける。

これで翌場所は横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)と大関・貴景勝(常盤山)の1横綱1大関という寂しい番付に陥る可能性が高くなった。現実になれば、1898年1月の春場所以来実に125年ぶりの異常事態となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加