中邑真輔「帰ってきたぞ大阪-負けちゃったけど」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

<WWE:大阪公演>◇16日◇エディオンアリーナ大阪

WWE1軍スマックダウンの中邑真輔(37)がWWEヘビー級王座獲得にまたも失敗した。

1軍昇格後初の日本凱旋(がいせん)試合となった大阪公演メインに登場。満員の観衆による入場曲ライジング・サンの大合唱で姿を現すと、リングに入るなり「イヤァオ!」のポーズで会場を熱狂させた。

試合は、序盤にキックやコーナーに詰めての踏みつけなどでリズムをつかむかに思われたが、場外でマハルの親衛隊シン・ブラザーズに襲撃され形勢逆転。リング上でも三角絞めに入ったところを邪魔されるなど、なかなか中邑のリズムに持ち込めなかった。それでも、コーナーからのジャンピングニーから、とどめのキンシャサに行くところまで持ち込んだ。しかし、最後もシン・ブラザーズのリング乱入を撃退した際に、背後からマハルにコブラクラッチスラムのカラスを決められ敗れてしまった。

試合後も、シン・ブラザーズに襲撃されたが、2人まとめて撃退。大歓声のファンに「大阪ー! 帰ってきたぞ、大阪~! 負けちゃったけど、またジンダーと戦う権利を持っている。次は、WWEチャンピオンになって帰って来たいぞ~!」と絶叫し、「イヤァオ!」で締めた。中邑は、10月8日のスマックダウンPPV大会で、王者マハルに再び挑戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リオ・ファーディナンドはなぜプロボクサーに転身するのか?「俺はもう一度あの世界に...」
世界初挑戦の石田、スタミナ強化合宿開始「記録を塗り替える」
UFC復帰の岡見勇信が会見「神様から挑戦しろと」
山中竜也、母にささげる世界戴冠 高校進学せず寮生活で鍛えた雑草ボクサー
薬丸、安室は「多分戻って来ない」 引退後復帰の例もあるが...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加