これは長い! トヨタ ハイエース 新型を見た...バンコクモーターショー2019

これは長い! トヨタ ハイエース 新型を見た...バンコクモーターショー2019

  • レスポンス
  • 更新日:2019/03/26
No image

トヨタ・ハイエース新型(バンコクモーターショー2019)

もっと画像を見る

公式には3月26日のプレスデーが初日だが、その前日に優良顧客を招く「VIPデー」として開幕しているバンコクモーターショー2019。

そのトヨタブースでもっとも興味深いモデルは、ステージ上に飾られた新型『スープラ』ではなく、ブースの脇にさりげなく置かれた1台のバンだ。近づいてみると、なんと噂の新型『ハイエース』。ただし名前はハイエースではなく、『コミューター』となっていた。

コミューターとは、日本のハイエースの仕様名としても使われている多人数乗用モデルのことで、タイでは「送迎やツアーシャトルとして使われる小さなバス」として驚くほどの頻度で見かける人気車種だ。その新型というわけである。

それしても実際に見る新型ハイエース/コミューターはとにかく大きい! 全長はなんと5915mm。6mに迫ろうかという大迫力だ。

No image

日本で販売されているハイエースは前席の下にエンジンを搭載するいわゆるキャブオーバーだが、新型はエンジンを前に出して搭載するボンネット付きのパッケージング。そのため、3860mmと従来車のスーパーロングボディに比べて750mmも伸びたホイールベースは驚くばかりだ(軽自動車の全長より465mmも長い!)。

窓には濃いスモークが貼られていたのでインテリアをチェックすることができなかったが、フィリピンで発表された新型ハイエースでは5列シート17人乗りが設定されているのでタイも同様の仕様となるだろう。

それにしても長い!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NISSAN e-シェアモビ、福島復興のシンボル「Jヴィレッジ」にステーションオープン
パナソニック、創業家を事実上排除...「松下家の会社」との決別
日本農業の最大の問題点"人手不足"を解決する!「ドローン農業革命」の全貌【前編】
大阪メトロ、2024年度までに全駅チケットレス化へ 顔認証導入
永谷園、即席みそ汁など値上げへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加