堀厩舎2頭が台風の目 初制覇へ調整順調/菊花賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

今週の日曜京都メインは牡馬クラシック最終戦、菊花賞(G1、芝3000メートル、23日)が行われる。

堀厩舎の2頭が台風の目となる。ウムブルフは2400メートルと2600メートルを連勝。特に前走1000万の札幌日刊スポーツ杯は2着に5馬身差圧勝の上がり馬だ。18日は坂路を1本軽く流すなど好調をアピール。橋本助手は「中間も順調です」と話した。マウントロブソンも休み明けのセントライト記念(7着)をたたいて上積み十分。堀厩舎が初の菊花賞制覇を見据える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
内田理央が“お尻スケスケ”ショットの裏話を明かす
【必ず名乗ってくる】お父さんたちの不慣れなLINEにほっこりな8選
「3.11」の映像、中国人が注目したのは「道路」
【未知の世界!】パパの足が臭すぎて、衝撃を受けたニャンコ。反応が荒ぶりすぎて、ヤバい(笑)
「韓国に謝れ」産経に圧力をかけていた日本の政治家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加