八重樫東「最後の大勝負」日本人初4階級王者狙う

八重樫東「最後の大勝負」日本人初4階級王者狙う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

4階級制覇へ4本指でポーズを決める、左から松本トレーナー、八重樫、大橋会長(撮影・阿部健吾)

脱・激闘王で4階級制覇へ。ボクシングの元3階級王者八重樫東(34=大橋)が11日に横浜市内のジムで会見し、現役続行を宣言した。5月にIBF世界ライトフライ級王座3度目の防衛戦でメリンド(フィリピン)に1回TKO負け後に進退を熟考。「ボクシングへの情熱が残っている」と気持ちを固めた。「階級を上げることでモチベーションも上がる。最後の大勝負」と選んだ舞台はスーパーフライ級。ミニマム→フライ→ライトフライと制し、今後は2階級上げて日本人初の4階級王者を目指す。

リミット体重は約2キロ増だが、パワー面の違いは大きい。「最近は打ち合いにいきすぎた。力が違うし、それでは勝てない。修正する」と、激闘王と呼ばれるタフファイト返上を宣言。本来の軽快な足さばきを生かすスタイルに変える。復帰戦に向けて大橋会長は「八重樫の 夢の続きは 年末か」と一句詠み、当人は「ぼちぼちやります」と柔和にこたえた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田、真のチャンプへ出稽古プラン!ゴロフキンと“再戦”へ/BOX
TKOで世界を獲った村田諒太の涙の理由。その語り尽くせぬ激闘と苦悩の日々
村田諒太一夜明け「因果が難しい」試合中の笑顔なぜ
村田、世界で名前売る!激戦区のミドル級では“新参者”と冷静分析
村田はゴロフキンに固執せず、強豪ひしめくミドル級
  • このエントリーをはてなブックマークに追加